マイホームの資産価値が下がれば損する。家を売却できないと空き家になる。

【スポンサーリンク】

「賃貸住宅は家賃を支払い続けても自分の資産にはなりませんが、持ち家は住宅ローンが終われば自分の資産になり子供に残せるので得です。」

よく使われるセールストークですが、本当にそうでしょうか?

だったらなぜ空き家が社会問題になるのでしょうか?

【スポンサーリンク】

持ち家は住宅ローンが終われば自分の資産になるので得?

結論を先に書くと、持ち家は住宅ローンを完済すれば自分の資産になります。しかし、「自分の資産になるから持ち家は賃貸より得だ」ということにはなりません。

自分の資産になった持ち家の資産価値

このブログでは今まで何度も書いていますが、我が家は購入したタイミングが良くなったので、家の資産価値が大きく下がり、既に大損です。

その損を家賃に換算するとビックリするほど高い家賃になります。

ですので我が家の場合は賃貸住宅で普通に家賃を支払って生活していた方が得だったということになります。

損得は結果論

購入した持ち家の資産価値が将来どう動くかは誰にもわからないし、現在、高値なのか安値なのかも将来にならないとわかりません。

損か得かは結果論なので購入した時点では何もわかりません。

持ち家に長期間住めば損は取り戻せる? 

既に大損な持ち家でも長期間住み続ければ損は取り返せそうな気がしますが、同時にメンテ修繕費などの維持費がかかり続けるので損は多分取り戻せないと思います。

もちろん資産価値が上げれば話は別ですが、恐らくこの辺りは上がるどころかさらに下がると思うので、損もさらに大きくなると思います。

関連記事資産価値の下がった持ち家は、何年住み続けると元が取れる?

関連記事住宅ローンを完済し「マイホーム」になっても出費は続く。資産価値が下落した持ち家の維持費の内訳

資産になった持ち家が、なぜ空き家になる?

もし全てのお宅の持ち家が子供に遺せる価値のある資産だったら、空き家が社会問題になることはないと思います。

資産である持ち家が、価値の無い資産だから空き家化するのだと思います。

例えば、

・建物がボロボロで大規模修繕するか建て替えしないと住めない。

・更地にしないと売却できない。

・更地にしても売れないかもしれない。

・売却できないと固定資産税がかかり続ける。

結局、何をやるにしてもお金がかかります。けど自分の資産なので自分でなんとかしないとどうにもなりません。

価値のない資産を遺されても子供にとっては迷惑なだけです。結果、放置 ⇒ 空き家化という流れだと思います。

空き家が社会問題になっているということは、物件によっては「持ち家は自分の資産になるから賃貸より得だ」ということにはならいということです。

まとめ

賃貸住宅は家賃を払い続けても自分の資産にはなりませんが、持ち家は自分の資産になっても、得どころか大損する可能性もあります。

もし我が家が得していたら、速攻で家を売却して現金化し、安い賃貸に引越していると思います。踏ん切りがつかないのは損しているからです。

そんなお宅は、多分、多いと思います。

関連記事持ち家が空き家になるかもしれない問題/子供に残しても迷惑なだけ

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】