「毎月分配型ファンドは確実に儲けを受け取れるのがイイ」ってホント?

【スポンサーリンク】

money-1005477_1280

分配型ファンドの分配金をよく理解していない専門家というか、ファイナンシャルプランナーの記事を見つけました。

僕が初めて投資信託に手を出した2007年の頃のマネー雑誌に、これと同じようなことが書いてあったのを思い出します。

【スポンサーリンク】

分配型ファンドは買い?買わない?どっち!?

この記事を書いたファイナンシャルプランナーの先生は分配型ファンドどころか投資信託そのものを保有した経験がないのではないかと、そんな気がします。

分配型ファンドって何?

運用がうまくいって利益が出たら、投資家に利益が還元されることになります。この利益が分配金で、分配金を現金で受け取るタイプの投資信託が分配型ファンドなのです。

出典:分配型ファンドは買い?買わない?どっち!?

実際は運用がうまくいってなくても資産を食いつぶして分配金を出すタコ足ファンドが多く存在します。

以前僕が保有していた毎月分配型ファンドはリーマンショック後のどん底の時にも分配金を出していました。

ですので分配金を利益の還元だと考えるのは危険です。分配金はただの解約金です。

確実に儲けを受け取れるのがイイ!

分配型ファンドが人気を集める理由の1つに、分配金が確実に受け取れるという点があげられるでしょう。投資信託に限らず、投資では元本が保証されていません。儲かるのか、損をするのかわからない投資だからこそ、儲けの一部として分配金を受け取れる点が魅力的だと言えるでしょう。

出典:分配型ファンドは買い?買わない?どっち!?2/3

「儲かるか損をするかわからない投資だからこそ、儲けの一部として受け取れる分配金」が出るということは、その分配型ファンドは儲かってると言っているのと同じです。

ということは、分配金を多く出すファンドの方がさらに儲かってるわけだからもっと儲かるということになってきます。

この記事を鵜呑みにして高分配ファンドを購入した投資家はどうなるのでしょうか?誤解とか勘違いでは済まされないと思いますが、でも結局は自己責任ですよね。

コスト高な点がデメリット

1年に1回だけ分配金が支払われる分配型ファンドよりも、分配金の支払われる回数が多い分配型ファンドの方が課税される機会が多くなります。そして、分配金を支払うためのコストもかかります。ただでさえ投資信託はコストが高い金融商品なのに、分配型ファンドはさらにコストが高くなるのです。

出典:分配型ファンドは買い?買わない?どっち!?2/3

朝日Nvest グローバルバリュー株オープン『愛称:Avest-E』の分配金は年1回ですが、今年は3月に1400円も出しています。

一方、毎月分配型の杏の実は60円×12で年間720円しか出していません。

ですので税金を言うなら分配頻度ではなくて分配金の額を言った方が良いのではないでしょうか。

買ってもいい分配型ファンドとは?買ってはいけない分配型ファンドとは?

そもそも投資信託で儲けようと考えるのであれば、投資信託の値上がりで儲けることが中心にあって、分配金はあくまでもオマケでしかないのです。つまり、買ってもよい分配型ファンドとは、分配金の金額に関わらず、投資信託そのもので儲けられる分配型ファンドだといえるでしょう。

出典:分配型ファンドは買い?買わない?どっち!?3/3

ここでは分配金は「あくまでもオマケ」だと書いてあります。そして「分配金の金額に関わらず」と書いてあります。

分配金は儲けの一部だったはずでは?だから分配金の金額が多いファンドを選ぶのは普通だと思うのですが、ここではそれは違うと。

そして「投資信託そのもので儲けられる分配型ファンドを選びましょう」と書いてありますが、そもそも、それがどのファンドかが事前にわかったら誰も苦労はしないと思うのですが。

それと分配金はオマケではありません。解約金です。

参考:オマケとは?

おまけ(御負け)とは、ある商品を購入した際に、その商品の価格を下げたり、サービスとして追加で物品をつける行為、あるいは、そのサービスでつけた物品自体のことを言う。

出典:Wikipedia

最後に

僕は毎月分配型投資信託の「杏の実」と「三井住友豪ドル債ファンド」を保有しています。ですので分配型ファンドを否定するつもりはありません。

僕が昔読んでいたマネー雑誌には毎月分配型ファンドは毎月お小遣いが貰える的なことが書いてありました。

超初心者だった僕はそれを信じ込んでしまい、購入した投資信託は全て毎月分配型ファンドでした。大失敗です。でもこれも自己責任です。

分配金は投信自体が儲かっていようが損していようが解約金には変わりありません。気をつけましょう。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】