投資信託が暴落すると精神的にやられる。リーマンショックの暴落は良い勉強になった

【スポンサーリンク】

silhouette-114436_1280

リーマンショック後の2009年9月に僕はヤフー知恵袋に当時保有していた大和住銀のグローバル好配当株オープンについて相談投稿したことがあります。

その質問がまだ残っていたので紹介します。この少々うろたえ気味の相談者は僕です。どうぞ笑ってやって下さいw

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1130910546

【スポンサーリンク】

資産が半分以下に減少した時に思いついたアイディア

大和住銀のグローバル好配当株オープンですが 約40%の含み損をかかえています 元本回復に10年前後かかるのなら 新興国株の投信に乗り換えようと考えています アドバイスをお願いします

補足

700万円の投資です 捨てたと思えばリスク度は関係ないという気になり 回復の早そうなファンドをと 考えています

引用:ヤフー知恵袋

質問がざっくり過ぎて意味がよくわかりませんが、要は40%の含み損を抱えている大和住銀のグローバル好配当株オープンを売って、これよりもっと値下がりした新興国株、具体的にはHSBC ブラジルオープン(60%以上の含み損)に注ぎ込もうかどうしようか迷っているというような意味です。

これは2009年の1月に資産が半以下に減ってしまった時(病んでる時期)に思いついた案で、実行できずにずっと迷い悩んでいました。どう考えても無謀ですもんね。

でもこれを今検証してみると、思いついた2009年1月の時点(病んでる時期)にやっとけば良かった!!という結果になります。ただしその後またリバランスが必要になるのですが。

大暴落は良い勉強になる?

問題は補足部分です。

補足

700万円の投資です 捨てたと思えばリスク度は関係ないという気になり 回復の早そうなファンドをと 考えています

引用:ヤフー知恵袋

「捨てたと思えば」って、オイオイ!!

コイツ何を考えてんねん!!

このように、増やそうと思って始めた投資信託が大暴落すると精神的にやられます。何もかもが嫌になり自暴自棄になったりもします。仕事に行くのも嫌になります。

お金ってホント怖いです。

そんなこんなも含めて今はいい勉強をさせてもらったと思っています。けどもう嫌!!だから総投資額を1700万円から600万円に減らしたのです。

何度も書きますが僕は2007年の夏から約1年かけて投資信託に1700万円注ぎ込みました。正確には1737万円...

暴落はいつ起こるかわからない

追記です:当時の知恵袋の相談には「損が膨らんでしまい旦那が寝込んでしまった。どうしたらいいでしょうか?」とか、「精神的にキツイので損切りしてスッキリしたいけど損が大きすぎて損切りできない」など切羽詰った相談が多かったです。

増やすつもりで注ぎ込んだお金が激しく傷むのは本当に辛いです。病気になります。

特に年配の方は運用期間を逆算するとどうしても大金を注ぎ込みたくなると思いますが、暴落はいつ起こるかなんて誰にもわかりません。くれぐれもご注意を。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】