老後、賃貸では不安だから、今のうちにマイホームを購入?/持ち家は住宅ローンが終わってもタダでは住めない

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

house-1407562_960_720

現在我が家は僕と嫁とバカ息子の3人暮らしです。

このバカ息子は親は毎日せこくせこく生活しているのに家に生活費を入れたり入れなかったりで、お金にものすごくルーズです。

マイホームに住んでいるので「家賃が無い分、楽な生活をしている」と勘違いしている様子です。

ですが、実際は家賃が無くてもお金はかかります。

【スポンサーリンク】

老後は公営の賃貸住宅の方がいい

老後の二人暮らしは公営団地

以前、息子が仕事で2ヶ月間ほど家に居なかったことがあります。

その時思ったのは嫁と2人暮らしになったら2階建ての家は必要ないのではないかということ。

つまり、家賃の安い公営の団地で十分やろと。

別に広くなくても2人暮らしだったら十分生活できると思います。

家の維持費で団地の家賃が払える

例えばマイホームに住み続けたとしたら家賃は必要ないですが、固定資産税・メンテ代・高い水道光熱費がずっとかかり続けます。

その額だけでも大阪の府営団地だったら家賃が払えてお釣りがきます。

ちなみに我が家の水道光熱費は月平均約37,000円です。

老後、賃貸では不安だから、今のうちにマイホームを購入?

高齢者になってから出費

こんな記事を見つけました。

「老後が不安だから、今のうちにマイホームを」… そう思う気持ちはよく分かる。 賃貸住宅のままでは、死ぬまで家賃を払い続けなければならない。

持ち家なら、住宅ローンが終わればタダでずっとそこに住める。 だから、早いうちにマイホームを買っておこう。

出典:老後が不安だから、今のうちにマイホーム?

「賃貸住宅のままでは、死ぬまで家賃を払い続けなければならない」たしかにそうです。

しかし、「持ち家なら、住宅ローンが終わればタダでずっとそこに住める」はちょっと違うと思う。

日本の住宅の寿命は30年(日本建築学会)、 マンションでさえ47年(国土交通省)なのだから、 団塊ジュニアが今、マイホームを買ったとしたら、 生きているうちに必ず建てかえ時期を迎えることとなる。

高齢者になってから、千万単位に及ぶ建てかえ費用の捻出を余儀なくされるのは必至なのだ。

出典:老後が不安だから、今のうちにマイホーム?

マイホームには家賃は無いけど維持費がかかります。

特に一戸建ては屋根とか外壁とかのメンテ代など他諸々かかってきます。

それが新築だったら25年で建物の価値はゼロ。資産は土地だけです。

結局、建てかえても建てかえなくてもお金はかかります。

お金持ちだったら別にどうってことないと思いますが、そうじゃなかったらこれは結構きついと思います。  

マイナス要因の把握

もし今マイホームを買うなら、将来にわたってそこに住み続ける場合でも、人に貸したり売ったりする場合でも、できる限りマイナス要因を排除しておかなければならない。

少なくとも、マイナス要因をあらかじめ把握しておく必要はある。

出典:老後が不安だから、今のうちにマイホーム?

マイホームのメンテナンス費用や建てかえ費用

ここでは賃貸に軍配が上がるという結論です。

そもそも、賃貸に住み続けて貯蓄資産を増やすのと、マイホームを買うのとでは、どちらが経済合理的なのだろうか。

マイホームの購入は、そこでかなえられる夢や願望の実現という、お金には換算できない付加価値がある。

そのため本来は経済合理性を比較すること自体ナンセンスだが、それでも、「持ち家」と「賃貸」の損得勘定では、メンテナンス費用や建てかえ費用までを考慮に入れれば、ほとんどのケースで間違いなく「賃貸」に軍配が上がることだろう。

出典:老後が不安だから、今のうちにマイホーム?

持ち家は家賃が無くても出費は続きます。

特に一戸建ては何年も先のことを考えて検討しないとマイホームに潰されます。

関連住宅ローンを完済し「マイホーム」になっても出費は続く。資産価値が下落した持ち家の維持費の内訳

住宅ローンが終わっても、マイホームにはタダでは住めない

現金で買うと

たとえばマイホームをキャッシュで買ったとすると、住宅ローンを組まないわけですから、ローンに関わる諸々の手数料と利息と借金返済リスクは無くなります。

借金に縛られないので楽に暮らせそうな気がします。

でもタダでは住めません。お金がかかります。

ちなみに我が家は住宅ローンの返済はありませんが、タダでは住めていません。

マンションの維持費

マンションの場合だと管理費と修繕積立金と固定資産税がずっとかかり続けます。

大規模修繕時にはそれとは別に多額の負担金が求められるそうです。

関連記事持ち家は住宅ローンが終わっても安心できない。マンションも一戸建ても出費の不安は永遠に続く

一戸建て

一戸建てはガレージがあれば駐車場代がかかりません。

それと戸建てには管理費と修繕積立金がありません。固定資産税だけです。

その代り管理・修繕は自分でやらなければなりません。水回りのリフォーム、外壁・屋根の修繕費など結構な出費になると思います。

あと戸建ては水道光熱費が割高なような気がします。大手サイトにもそんなようなことが書いてあったので多分どこも割高だと思います。

賃貸の家主負担分が全てかかってくる

マンションも戸建ても、賃貸だったら家主負担になるような出費も全て自分にかかってきます。

自然災害に遭ったら大変です。

まとめ

持ち家は住宅ローンが終われば楽なような気がしますが、実際はローンの返済が無くなるだけで維持費はずっとかかり続けます。

タダでは住めません。

賃貸もマイホームもお金は必要です

関連記事老後は住居があってもお金が無ければボロ屋で貧乏生活。

関連記事老後貧乏が不安だからマイホームを売る!持ち家があってもお金が無いと生きていけない

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】