マネー雑誌にだまされるな!!毎月分配型ファンドのお値打ち度ランキング1位を検証してみた

【スポンサーリンク】

coins-1015125_960_720

僕が投資信託で資産運用を始めた2007年当時のマネー雑誌には、毎月分配型投資信託は「毎月お小遣いが貰える」的なことが平気で書いてありました。

読者インタビューも「今月は分配金が〇万円出たので〇〇を食べに行きました」とか…。

超初心者だった僕は完全に洗脳されてしまい毎月分配型ファンドに1700万円も注ぎ込んでしまいました。全て自己責任です。

関連記事投資信託は値下がりしても長期運用すれば分配金と複利効果でなんとかなる?

【スポンサーリンク】

毎月分配型投資信託のお値打ち度をどうやってランキング?

次の動画は2010年12月にアップされた動画で少し古いですが毎月分配型投資信託のお値打ち度をランキングにしたマネー雑誌を宣伝している動画です。

もちろん僕は買っていないので雑誌の内容はわかりません。何が書いてあってどんなランキングだったのか気になります(嘘です、全く気になりません)

投資信託のお値打ち度って何?

毎月分配型投資信託のお値打ち度って何でしょうか?手数料が安いとか分配金が多いとか、そんなことでしょうか?

そんで、このお値打ち度で投信選びをしなさいと、そういう企画でしょうか?

流行の投資信託は買ってはいけない

投資信託は長期運用が基本なので流行で購入するとえらい目に遭います。というか投資信託に流行があるということ自体が変でしょ?

この動画はその流行を勧めようとしています。この業界はそんな業界なのです。

高分配の投資信託は得でも何でもない

「100万円で1万円というような高配当のモノがぞろぞろ出てる」と仰っていますが分配金は配当金ではないので「高配当」ではなく「高分配」です。混ぜて使ってはいけません。

2007年当時の僕は株の配当金と同じようなモノだと勘違いしていたので、ここはちゃんとしないと誤解を与えます。

ランキング1位の投資信託を検証してみた

ランキングの1位は『野村 米国ハイ・イールド債券(レアル)毎月 』だと思うのですが、間違っていたら御免なさい。

この野村 米国ハイ・イールド債券(レアル)毎月 の最近の分配金は100円になっています。

k151216-1

動画がアップされた直後の2010年12月30日から2015年12月11日までの野村 米国ハイ・イールド債券(レアル)毎月の分配金込み(再投資)の基準価額の推移はこんな感じになります。

k151216-12

ランキングの1位がこんな程度。ちなみに同時期に日本株式のインデックスを買っていたら2倍に増えています。同じく毎月分配型の『杏の実』にも負けています。

一体何のためのランキングだったのか?って話ですよね。

まとめ

分配金は解約金ですのでお値打ちでも何でもありません。マネー雑誌と流行の投信には気をつけましょう。  

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】