【2020年マンション大崩壊】マンションバブルが崩壊したら一戸建ても巻き添えを食らう?

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

soap-801835_960_720

昨日のBS日テレの『久米書店』は「牧野知弘・2020年マンション大崩壊」でした。

あなたのマンションは大丈夫か!?

東京五輪を前にマンション価格は上昇中。だがその裏で管理費や修繕積立金の滞納、相続権の拡散など多くの問題が生まれつつある。

空室急増でスラム化する大規模マンション、高齢化で多発する孤独死、中国人に牛耳られる理事会…全国600万戸時代を迎えたマンションに未来はあるのか。

引用:BS日テレ久米書店

【スポンサーリンク】

マンションバブルが崩壊すると、どうなる?

以前、富裕層と中国人が投資目的で購入している高級高層マンションが値上がりしているという記事を書きました。

番組ではそのマンションをオリンピックが開催される2020年の2年か3年前辺りから売り始めるのではないかと言っていました。

売れているのは東京だけではありません。

関西でも同じように富裕層と中国人が投資目的で買っていて値上がりしています。

この人らが買った高級マンションを売り始めると、普通のマンションも一戸建ても不動産全体が巻き添えを食らって値下がりするのではないかと僕は正直ビビっています。

バブルは必ず崩壊する

富裕層と中国人が投資目的で買っていてそれが値上がりしているわけですから、これはバブルで間違いないと思います。

そしてバブルは必ず崩壊します。

参考「東京で家を買うなら2020年以降」は本当か

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】