持ち家は住宅ローンが終わっても安心できない。マンションも一戸建ても出費の不安は永遠に続く

【スポンサーリンク】

apartment-328860_960_720

一戸建ては長年住み続けるとあちこち傷んできて修繕費がかさむので「マンションの方が得だ」と考えるのは間違いのような気がします。

【スポンサーリンク】

修繕積立金を毎月きちんと払っているから、うちのマンションは大丈夫?

修繕積立金とは、マンションの経年劣化による部分的な補修や大規模修繕に備える大切な費用になる。

「修繕積立金を毎月きちんと払っているから、うちのマンションは大丈夫」と考える人が少なくない。

だが、実際に大規模修繕工事が必要な頃になって、資金不足だと初めて知る区分所有者は多い。

そもそも大規模修繕工事にいくらかかるのかさえ知らず、修繕積立金を払っていることで安心してしまいがちだからだ。

出典:あなたのマンションは「2020年問題」を乗り切れるか?!

以前、関西ローカル番組の出演者が「住んでいるマンションを耐震補強するので修繕積立金とは別に700万円出せと言われている」と言っていたのは、そういうことだったんですね。

2015/9/18の記事に追記 追記しました:2016/10/13 以前、相談系サイトで「マンション...

マンションも一戸建ても大差ない

結局、持ち家はマンションも一戸建ても、住宅ローンを返済し終わっても出費の不安は永遠に続くということになりますね。

我が家の住宅ローンは2007年に完済したので文字通り「マイホーム」であり自分の資産です。当然、持ち家ですので...
※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】