マンション購入を検討する独身女性が増えているらしい/将来の資産価値は誰にも診断できないし住宅ローンが残っていたら結婚するからといって売却もできない

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

1a123

増える独身女性のマンション購入 売却視野に資産価値を重視』という記事を見つけました。記事によると最近は女性の社会進出や晩婚化に伴い、マンションを購入する独身女性が目立ってきているそうです。

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/151128/ecc1511281710002-n1.htm

【スポンサーリンク】

増える独身女性のマンション購入、売却視野に資産価値を重視

いくつか疑問に思った部分があったのでピックアップしてみました。

結婚したらマンションを売ればいい?

最近は「結婚したら、売ったり貸したりすればいい」と柔軟に考え、資産価値のある物件選びをしているという。女性向けのセミナーなども増えている。

「結婚したら売ったり貸したり…」とありますが、持ち家は住宅ローンが残っていたら一括返済しないと売却できないですよね。

参考:住宅ローンが残っている家を売却する方法

あと「資産価値のある物件」というのは、これは値下がりしない物件という意味ですよね。不動産価格は変動するので値下がりしない物件を探すのは難しいと思うのですが…。

家賃は下げられるけど住宅ローンは返済しない限り減らない

参加者の一人、東京都中野区の派遣社員の女性(34)は現在、賃貸マンションに住んでいる。家賃は月8万円だ。「賃貸では何も残らない。お金を払うなら自分の資産として残したい」と、マンションの購入を検討中だ。

賃貸では何も残りませんが、持ち家も住宅ローンが終わるまでは自分の資産にはなりません。そして、その住宅ローンはデカイ借金でありリスクです。

マンションの売却を視野に入れる前に…

女性向けの不動産紹介サイト「ノムコム・ウーマン」を運営している、野村不動産アーバンネットの板垣香織さんは「今は結婚したり、家族が増えたりした場合には、売却することなどを視野に入れたうえで購入する女性が多いですね」と話す。

ここにも「売却することを視野に入れて購入…」とありますが、売却を視野に入れる前に「住宅ローンの完済」を視野に入れておかないと面倒なことになりそうな気がします。

物件の未来の資産価値は診断できない

独身女性がマンションを購入する場合、重要なのが資産価値だ。10月の横浜市のマンション傾斜問題発覚後、「女性のための快適住まいづくり研究会」のセミナー参加者は1・3倍に増えた。小島代表は問題をきっかけに購入前にしっかり勉強し、資産価値の高い物件を選ぼう、という意識が一層、高まった」と話す。

新築では建物の欠陥を事前に見抜くのは難しいが、中古物件ならば、専門家に住宅診断を依頼してもいい。

欠陥マンションは論外ですが、中古物件を専門家に住宅診断してもらっても、その物件の未来の資産価値は診断できないと思います。

まとめ

マンションが欲しかったら買えばいいと思います。けど家賃が勿体ないからとか結婚したら売却すればいいという甘い考えで購入するとあとで後悔すると思います。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】