住宅ローンは将来の自分をアテにした人生最大の借金。持ち家と賃貸はリスクを比較しないと意味がない

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

house-768707_960_720

賃貸と一戸建てとマンションではどっちが得か?という定番の比較検証記事を見つけました。

マイホームを買うとき、大部分の方が人生最大の借金をします。数千万円の住宅ローン。

となると、気になるのは、「賃貸 vs 持ち家(分譲マンション・一戸建て)、どっちがトクか?」ということではないでしょうか。

賃貸 vs 一戸建て

【スポンサーリンク】

家賃が17.8万円の賃貸に50年間住み続けると賃貸が負ける?

家賃17.8万円にずっと住んだ場合はどうか。50年間の総コストは、なんと1億1125万円。

こうなると、自己資金の有無に関係なく、一戸建てを購入したほうが2100万~2700万円もトクになります。

賃貸 vs 一戸建て

想像してみて下さい。50年間ずっと家賃が17.8万円の賃貸に住み続けますか?夫婦二人暮らしになってもそこに住み続けますか?

50年間住み続けない

この記事の計算は、例えばスタートが30才だったら80才まで家賃が17.8万円の賃貸に住み続ける計算です。

スタートが40才だったら90才になります。

家賃17.8万円の賃貸って結構そこそこな賃貸だと思うのですが、そんな賃貸に50年間住み続けますか?

僕だったらもっと安い賃貸に早目に引越します。例えば公営の団地とか。

となると、自己資金の有無に関係なく、一戸建てを購入したほうが2100万~2700万円もトクになります。とは言えないと思うのですが。

住宅ローンは人生最大の借金

マイホームを買うとき、大部分の方が人生最大の借金をします。数千万円の住宅ローン。

賃貸 vs 一戸建て

人生最大の借金は将来の自分をアテにした借金です。収入減だけは絶対に避けたいので転職も簡単にはできなくなります。

ということは大袈裟に言うと、自由を失いデカいリスクを背負い込んで家を買うということになります。

まとめ

・同じ家賃で長期間住み続けるという前提で賃貸と持ち家を比較しても意味がない。

・人生最大の借金に人生を縛られるリスク

・人生は計算通りには行かないリスク

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】