【マイホーム購入を検討した期間はゼロ】欲しくなってから6ヶ月後に住宅ローンの返済が始まる

【スポンサーリンク】

僕はこのブログを始めるまでは、我が家のマイホーム購入は1998年だったとずっと思い込んでいたのですが、実際は1997年の購入でした。  

僕がサラリーマンを辞めて独立したのは1996年ですので、まさか翌年に購入していたとは、正直、自分でもビックリです。

普通は独立起業して2年目に大きな借金してマイホームなんか買わないと思います。

たとえその時点で会社が儲かっていたとしても数年後どうなるか分からないので、ある程度実績を作るまでは普通は買わないと思います。

【スポンサーリンク】

マイホーム購入は1997年だった

第1回目の返済額は194,128

住宅ローンの第1回目と2回目の返済が平成9年になっているということは、1997年でサラリーマンを辞めて独立した翌年になります。 

ちなみに、1回目の返済額は194,128円で、2回目以降は188,776円です

150524-4  

住宅ローンは4700万円を360ヶ月(30年)で借りました。

150524-2  

変動金利型で2.625%。高いですね~

150524-3  

融資残高が減らない

返済後の毎月の融資残高はこんな感じになりますよという明細がコレです。借金が減っていくような気がしない。というか全然減らない。 気が遠くなります。

ちなみにこの住宅ローンは2007年に完済しました。  

マイホームが欲しいと思ってからたった6ヶ月で購入

家が欲しくなったのは5月

僕がサラリーマンを辞めて作った会社がスタートしたのは1996年の1月で、住宅ローンの返済がスタートしたのは翌年の1997年の11月です。

マイホーム購入のきっかけになったドライブ中の一戸建ての見学会は、ツツジの時期だったので多分5月ぐらいだと思います。

この「5月」が何年の5月だったのか? つまり、独立した年の1996年の5月だったのか、それとも翌年の1997年の5月だったのか…

独立した年の5月はまだ会社が軌道に乗っていないので、翌年の1997年の5月で間違いないです。

11月に住宅ローンの返済がスタート

住宅ローンの返済が始まったのは1997年の11月です。ということは三井住友銀行(当時は住友銀行)で本契約したのは多分9月か10月。

5月に急にマイホームが欲しくなり、その数か月後の9月か10月に本契約。で、11月にローンの返済がスタート。

決定が早すぎるというか異常というか無謀というか、無計画すぎるのが自分でもよくわかります。

ちなみに、以前住んでいた団地からマイホームに引越したのは10月だったと思います。

何も知らずに購入

こんな購入の仕方なので、たとえば家の資産価値のこととか修繕費のこととか、固定資産税以外のことはほとんど何も知りませんでした。

賃貸と持ち家ではどちらが得かなんて考えたこともなかったし、老後の住居も住宅ローン破綻も想定していないような気がします。

ただ

マイホームがほしいー!!

それだけだったような気がします。怖いですね。

最後に

昔は僕も嫁も「大きな借金して家なんか買う人アホやで」と思っていた人間ですから、人生ってわからんもんですねw

考え方が一瞬でコロッと変わって、アッという間に「何も知らずに大きな借金して家を買うアホな人」になってしまうんですから。

しかも、独立した翌年の購入ですのでこれは相当なハイリスクです。多分、周りが全然見えていません。

で、それから10数年後に商売を廃業し収入が激減。家を買ったことを後悔することになるわけです。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】