マイホームの頭金は多めに、住宅ローンは少なめに繰り上げ返済を優先

【スポンサーリンク】

small-house-771320_960_720

我が家は1997年に中古一戸建てを5900万円で購入しました。借金した額は4700万円で30年の変動金利型で住宅ローンを組みました。

当初の住宅ローン金利は2.625%だったので毎月の返済額は19万円弱でした。

関連記事【マイホーム購入を検討した期間はゼロ】欲しくなってから6ヶ月後に住宅ローンの返済が始まる

【スポンサーリンク】

高い金利でも借入が少ないと毎月の返済額も少なくなるという当り前な話

4700万円の住宅ローンを0.775%で組むと

もし、昔我が家が借りた4700万円の住宅ローン金利が0.775%だったらどうなるか?

三井住友銀行の返済プラン診断シミュレーションで診断したら、結果は毎月の返済額が19万円弱から146,326円に減りました。

関連記事借金した4700万円の住宅ローンを30年で返済シミュレーションしてみた

3000万円を2.625%で借りるとどうなる?

家を買った1997年当時の金利2.625%で、3,000万円の住宅ローンを組んだらどうなるか?シミュレーションしてみました。

つまり、頭金を多目に準備できたらどうなるかというシミュレーションです。

k160209-2

↓↓↓

結果は、毎月の返済額は

120,495円になりました。

k160209-1

借金の4700万円が1700万円も減って3000万円になったわけですから毎月の返済額が減るのは当たり前です。

当然、この3000万円を最近の低金利でシミュレーションしてみると、毎月の返済額はさらに減ります。

我が家の4700万円は借り過ぎでした。頭金をもっと多めに準備するべきでした。

住宅ローンは金利より頭金

住宅ローンは金利も大事ですが、頭金はもっと大事です。借金の額が減るとその分リスクも減ります。

低金利の住宅ローンを目一杯組んで、繰り上げ返済せずにその資金を投資に回すという考え方もありますが、もし大きな損を抱えてしまったら、耐えられますか?

関連記事住宅ローンは繰り上げ返済するな!そのお金は投資にまわせ!ってホンマかいな!!

まとめ

頭金はできるだけ多目に準備した方が良いですし、繰り上げ返済を優先して住宅ローンはできるだけ早めに完済した方が安心です。

もちろん、万が一のための保険的な余裕資金は、別枠でしっかりキープしておかないと何かあった時に対応できません。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】