楽天カードで付与されたポイントは561万円の定期預金の利息と同じ価値

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

k160216-1

楽天の総保有ポイントが8985ポイントになりました。このポイントは去年の夏から無駄遣いをやめて貯めたポイントで、全て楽天カードの支払い分に付与されたポイントです。

残念ながら楽天アフィリは全く稼げていないので正味カードの支払分だけです。

【スポンサーリンク】

ソニー銀行の定期預金と楽天カードのポイントを比較

楽天カード での支払いは毎月あるので、当り前ですが、ポイントは使わなかったら貯まる一方です。このタダで貰ったポイントを定期預金と比較するとどうなるか?検証してみたいと思います。

ソニー銀行の定期預金で8985円受け取るには

保有の8985ポイントを8985円に置き換えて、これをソニー銀行の預金金利が0.20%の1年定期の場合、いくら預金すれば8985円の利息が付くのか計算してみます。

8985円は税引き後ですので、これを税引き前になおすと約11230円になります。

8985円÷0.8(税率20%で計算)

=11230(端数切捨て)

この11230円をソニー銀行の預金金利0.20%の1年定期で受け取るには

11230円÷0.20%(預金金利)

5,615,000円

約561万円預金しないと税引き後の8985円は受け取れないということになります。561万円ですよ。スゴイですね。

実際は8985ポイント貯めるのに1年もかかってないので、還元率の良い楽天カードはなかなかやってくれるやん!て感じです。

喫茶店のスタンプカードで1杯無料になったコーヒー代を定期預金で受け取るには

coffee-1117933_960_720

以前、僕がよく利用していた喫茶店のスタンプカードはコーヒー1杯につき1個のスタンプを押してくれて、これが10個貯まったら450円のコーヒーがタダになりました。

450円を税引き前になおすと

450円÷0.8(税率20%で計算)

=560円(端数切捨て)

この560円をソニー銀行の預金金利0.20%の1年定期で受け取るには

560÷0.20%(預金金利)

=280000円

28万円も預金しないと450円のコーヒーはタダにはなりません。

実際は年に何回もタダでコーヒーを飲んでいたので計算上100万円以上預金していたことになりますが、残念ながらこの喫茶店は今はスタンプカードのサービスはやっていません。

※ソニー銀行の1年定期の金利0.20%は2016年2月16日現在です。

タダでもらえるポイントは大金を預金しているのと同じ価値がある

このように楽天カードでタダで付与されるポイントを定期預金と比較すると、最近の定期預金の金利が屁みたいに思えてきますw

楽天カードのポイントは大金を預金しているのと同じです。敵の罠にまんまと引っかかって有り難く頂戴しましょう。

⇒ 楽天カード

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】