今マイホームを購入すると、後悔することになるかもしれないという話

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

landscape-1280473_960_720

昨日のマネー研究所の記事です。『住宅業界の「2019年問題」 生涯、賃貸という選択』

不動産業界でささやかれる「2019年問題」という言葉の意味をご存じでしょうか? 19年をピークに日本の世帯数がピークアウトし、その後、減少の一途をたどることにより住宅価格に大きな影響を与えることになるといわれる問題です。

【スポンサーリンク】

2019年以降、世帯数が減少の一途をたどる

国立社会保障・人口問題研究所は19年の5300万世帯をピークに、35年には4955万世帯まで世帯数が減少すると推計しています。

m20160331-1

画像元:マネー研究所

これまで通り住宅が供給されれば、当然ながら空き家は増えていくでしょうし、住宅の供給超過が続けば、必然的に住宅価格が下がっていくと考えられます。

今でも空き家が社会問題になっているのに、しかも少子高齢化でこの先世帯数が減少の一途をたどると推計されているのに、今まで通り住宅が供給されれば空き家だらけになるのは当り前ですよね。

そうなると、当然、需要と供給のバランスで住宅価格は下がると予想されます。

マンション価格高騰はバブル

僕は日本経済が今好景気なのかどうかはよくわかりません。けど消費税率引上げの再延期が検討されるくらいですから景気はあまりよろしくないと思います。あと世界経済の減速云々もあるみたいですし。

そんな中でマンション価格の高騰というのは、これはオリンピックバブル以外考えられません。僕は専門家ではないのでよくわかりませんが。

今朝、関西ローカルの『おはよう朝日です』という情報番組で、「大阪はホテルが不足している」というのをやっていました。で...
昨日のBS日テレの『久米書店』は「牧野知弘・2020年マンション大崩壊」でした。 あなたのマンションは...

まとめ:住宅ローン金利より住宅価格の下落リスク

現在の住宅ローン金利はめちゃくちゃ低金利になっています。しかし、だからと言って慌ててマイホームを購入してしまうと、借金と一緒に住宅価格の下落リスクも抱えてしまうことになるので慎重に検討した方がいいと思います。

何でもそうですが、売れなくなった物は必ず値段が下がります。

追記:「2019年問題」をささやいている不動産業界の人は今のこのタイミングで家を買うでしょうか? 多分買わないと思います。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】