持ち家は賃貸よりリスクに弱い/地震保険の補償だけでは戸建ての再建は厳しい

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

village-1336596_960_720

地震保険の補償内容の詳細をサクッと見た感じでは、建物の補償は建物の時価額で計算されるみたいなので、築が平成元年の我が家は建物の補償はアテにできない感じです。

どちらにしても、何か起きた場合、一般的な地震保険の補償だけでは戸建ての再建は厳しいみたいです。

参考記事地震保険、特約で補償上乗せ 保険料負担に注意

【スポンサーリンク】

災害時、持ち家と賃貸では、どっちが楽?

当り前ですが、賃貸の場合は建物の補償は入居者には関係ありません。住めなくなったら引越せば済む話です。

賃貸物件に住むなら、家財への地震保険が選択肢になる。建物の補償をどうするかは家主の責任だからだ。入居者は家財にかける火災保険とセットで地震保険に加入できる。保険金額は地震による家財の損害状況に応じて決まる。

引用:マネー研究所

実際は、そこの賃貸に長年住んでいたらコミュニティが出来上がっていると思うので簡単には引っ越しできないと思いますが、金銭的な部分だけを考えると持ち家より遥かに楽だと思います。

持ち家の場合、住宅ローンが残っていたら恐らくチャラにはならないと思うので、かなりしんどいと思います。

熊本地震や阪神淡路大震災クラスの強い地震が起きると新しい家でも倒壊する

ニュースで専門家の先生がコメントしていたのですが、今回の熊本地震や阪神淡路大震災クラスの強い地震が起きると新しい家でも倒壊するそうです。

ということは、前回の記事にも書きましたが、いつ起こるかわからない「南海トラフ地震」に備えるには、やはり持ち家は買わない方が良いような気がします。

まとめ:持ち家はリスクに弱い

マイホームはいいモノですが、自然災害や収入減などのリスクにめちゃくちゃ弱いです。もちろん賃貸にもリスクはありますが、金銭的な部分だけを見ると賃貸の方がリスクは小さいです。

もちろんこれは命が安全か危険かという意味でのリスクの比較ではありませんよ。

追記(2016/6/3)

地震保険について気になる記事を見つけました。

参考記事「地震保険に入っても、いざという時に家を建て直せるほどの保険金はもらえない…入る意味あるの?」に保険のプロが回答

確かに地震で建物が全損となったときに、地震保険の給付金だけでは建物の再取得を期待できません。なぜならば、火災保険の保険金額に対して地震保険は最高でも50%しか掛けられないからです。

ですが、地震保険金は生活再建の為に必要なお金なのです。つまり、地震保険は、住宅の完全復旧を目的とした保険と考えるのではなく、被災したときの生活再建の為に必要な保険なのだと考えるべきでしょう。

やはり地震保険は住宅ではなく生活再建のための保険だと考えるべきだそうです。地震保険に加入しているから、家が被害を受けても大丈夫ということにはならないみたいです。

関連記事一番の地震対策は「家は買わない」/マイホームなんか買ってる場合か?

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】