マイホームを頭金なしで買うとこうなる/4000万円の住宅ローンが苦しいのは家計管理の甘さ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

All Aboutで気になる記事を見つけました。『31歳貯金10万円。4000万円の住宅ローンが重い』という記事タイトルになっています。

昨年、4000万円のローンを組んで中古マンションを購入しました。同時に、引っ越しや家具の購入等に貯蓄を充ててしまい、またその前年に250万円でクルマを買ったため、今の貯蓄はほぼなしです。

これから住宅ローンの繰上返済の資金、教育資金、老後資金を貯めるべく(定期貯金や学資保険を始めようと計画中)、家計の見直しをしていきたいのですが、やりくりや貯蓄が苦手なのでアドバイスを頂ければと思っております。

【スポンサーリンク】

 マイホームを頭金なしで買うとこうなる!

家族構成は、相談者:31才、夫:43才、子供:4才

家計収支は、収入:月52万円、支出:月48万1千円、貯蓄:10万円で、昨年4000万円のローンを組んで中古マンションを購入されたそうです。

m20160719-11

画像元:All About

住宅ローンが終わる年齢が77才ではきつい

住宅ローンの詳細を見てみると、頭金無し、返済期間が35年になっています。

ということは、住宅ローンをこのまま普通に返済していたら、ローンが終わる頃のご主人の年齢は77才です。

昨年のご主人の年齢は42才だと思うので、35年後は77才になりますよね。なんかも~ほんと、気が遠~~くなりますね。

というか、77才まで住宅ローンを返済し続けないといけないと思うと、余計なお世話ですが、正直、奴隷って感じでゾッとします。

もちろん、繰り上げ返済はちゃんと考えていると思いますが、でも今のままではちょっと難しいですよね。

僕だったらマンションは頭金無し、貯金無しでは絶対に買わない

僕だったら、妻の収入の18万円とボーナスの120万円は無かったモノとして全額貯金していると思うので、頭金無し、貯金残高10万円ということにはならないと思います。

それと、車の購入や引越し費用で残高が10万円になったということですが、もし今後突発的な何かが起きたら、さらに借金しなくてはなりません。

下手すると借金地獄に陥ってしまうかもしれません。

なので、もし僕だったら保険的な貯金はある程度の額をきっちりキープしておきたいので、車も買わないしマンションも買いません

家計を見直す。妻の収入とボーナスは全て貯金

買ったものは仕方がないので家計をやりくりするしかありません。

僕だったら、先にも書いたように妻の18万円の収入とボーナスの120万円は無かったものとして全額貯金します。元々アテにしてはいけないお金です。

見直すところは

食費 50,000
趣味娯楽費 15,000
教育費 35,000
家族の小遣い 90,000
雑費 50,000
保険料 32,500

合計するとここだけで272,500円になります。これをギュッと絞って12万円以内に抑えます。もちろん他の光熱費や車両費も節約できる部分は節約します。

そうしないと今のままでは繰り上げ返済できないし、老後資金も作れません。

本当はご主人の収入だけでやり繰りしながら貯金もできるようにしないと、妻の収入が途絶えたりボーナスが無かったりすると繰り上げ返済も老後資金作りも難しくなってきます。

関連記事お金が確実に貯まる方法。僕はこのお金で独立し、マイホームも買いました。

 まとめ:賃貸に住んでいても、貯金できない人は貯金できない

この記事のタイトルは『31歳貯金10万円。4000万円の住宅ローンが重い』で、最初の小見出しも『マンション購入、住宅ローン4000万円が高額で貯金できない』というタイトルになっていますが、はっきり言ってこれは釣りタイトルですね。

実際にこのお宅が実在するのかどうかはわかりませんが、恐らくこのお宅は賃貸に住んでいても「家賃が重たい」「家賃が高額で貯金できない」と嘆くと思います。

家計のやりくりは会社の資金繰りと同じで、どちらも資金がショートしてしまうと大変なことになります。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】