マイホーム購入は後悔しているが、失敗はしていない/損得抜きで賃貸と持ち家を比較すると持ち家の方がいい

【スポンサーリンク】

house-in-the-green-1493088_960_720

前回の『持ち家は損、賃貸の方が得という結果が出た/老後の住居の確保より老後資金を確保した方が得なのでは?』にも書きましたが、我が家がマイホームを購入していなかったら、1000万円以上の出費を抑えられたというのは、これはあくまでも我が家の場合です。

で、今回は、この1000万円の出費は家の資産価値が下がらなかったら大したことないというお話です。

【スポンサーリンク】

 持ち家より賃貸の方が得な理由(我が家)

我が家は5900万円で契約した家の資産価値が2000万円以下にダダ下がっているので、4000万円前後の含み損です。下手したら4500万円以上になるかもしれません。

我が家はこの大損があるから賃貸の方が得なわけです。

もし資産価値のダダ下がりが無かったら、既に住宅ローンが終わって自分の資産になっているわけですから、家賃だと思えば1000万円の出費ぐらい大したことないかもしれません。

1000万円÷228ヶ月(19年間)

=43800円

そうなってくると僕は現在無職無収入。家の維持費が重たいということで、恐らく家をさっさと売却して安い賃貸に引越すと思います。

しかし実際は大損。大損を確定して賃貸に引越すというのは、住宅ローンの返済に行き詰り、家を売却して残った借金を抱えたまま賃貸に引越すようなもので、なかなか踏ん切りがつきません。

お金持ちだったら「あ~損こいた~」で済むのですが。

家の資産価値がダダ下がった原因

我が家は1997年に家を購入したのでタイミングがよくなかったのと、駅から徒歩30分以上でバスかマイカーを利用しないと不便な立地。

しかも、平成元年築の一戸建てなので資産価値のダダ下がりは仕方ないのかもしれません。

まとめると

・購入した時期がよくなかった

・駅から徒歩30以上

・平成元年築の一戸建て

中古で買った家でも、資産価値のダダ下がりはありますよという悪い例です。どうぞ参考にして下さい。

追記:僕が住んでいる地域は人口が減少傾向にあります。これはもしかしたら致命的かもしれません。

マイホーム購入は後悔しているが失敗はしていない

資産価値云々だけを考えると大後悔ですが、環境がいいので家自体には満足しています。ご近所さんも皆さん良いお宅で何も問題はありません。

知恵袋等を覘くと、家や環境に不満を持っている人が多いみたいですけど、我が家の場合はそれは全くありません。家には大満足です。

売却に踏ん切りがつかないのはこれもあるかもしれません。多分手放したくても手放せないのだと思います。それくらい家自体には満足しています。

これはこれで幸せなことなのかもしれません。

同じ環境だったら賃貸でも良いわけですが、でも多分、同じ環境でマイホームを持ちたいと考えると思います。

ですので我が家はマイホーム購入は後悔していますが、失敗はしていないと思っています。でも資産価値がダダ下がりなのでやっぱり大失敗ですね。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】