投資がギャンブルになる人、ならない人。

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

woman-1006102_960_720

投資信託の初心者だった僕が犯した失敗シリーズで、今回は「投資はギャンブルではない」というお話です。

当時、よく読んでいたマネー雑誌に投資信託は5年以上保有すれば複利効果が実感できると書いてありました。

僕はそれを鵜呑みにし「え~っと、ということは分配金と複利効果があれば多少値下がりしても5年以上保有すれば何とかなるやん」と、大きな勘違いをしてしまいました。

関連投資信託は値下がりしても長期運用すれば分配金と複利効果でなんとかなる?

【スポンサーリンク】

 値下がりした時の対策が無いまま、大金を注ぎ込む

先にも書いたように当時は多少値下がりしても分配金と複利効果で何んとかなると思い込んでいたので、最初は分配金額の4番打者だけを買い漁りました。

分配金で20万円を目指す

値下がりした時の対策は何も考えずに、欲と本能だけで毎月分配型の高分配投信だけに集中投資しました。

分配金だけで毎月20万円を目指していたような記憶があります。

投資がギャンブルになっていた

こうなってくると、欲と本能だけで投資しているわけですからこれはもう投資ではありません。はっきり言ってギャンブルです。

僕は独身の頃はパチンコと競馬を少々。どちらもやり出すとムキになるタイプでした。けど結婚する前にどちらもきっぱりやめました。

結婚後、自分では収入が増えても生活レベルを上げずに普通に節約・貯金ができるタイプの人間だと思っていたので、投資信託にムキになっているということには全く気づきませんでした。

大暴落する前から既に病んでいた

今思えば、当時の僕は、リーマンショックの大暴落で半ノイローゼになるずっと前から既に病んでいたのかもしれません。今頃気づいても遅いのですが。

期待させるような説明を鵜呑みにしてはいけない

「投資信託はプロが運用する」といっても、運用会社の担当者が普通に仕事をしているだけでプロと言っても所詮サラリーマンです。プロ野球選手みたいなプロではありません。

「分配金」も「複利効果」も「10%で複利運用すると…」も同じで、この業界は期待させるような説明の仕方が多いです。

鵜呑みにして都合のいいように勝手に妄想するとブレーキがきかなくなります。

値下がりした時の対策

大事なのは含み損を抱えてしまった時の対策です。

追加投資するのか、リバランスするのか、何もせずに放置するのかを先にある程度決めておかないと慌てることになります。

値下がりした時の追加投資もリバランスも、保有投信が多過ぎるとどれをどうしたら良いのかわからなくなるので、個人的にはシンプルにしておいた方がいいと思います。

我が家の投資信託は2013年に元本まで回復したタイミングで、総投資額を減らしたのと、保有投信と投信口座を整理してシンプルにしました。

この時点でギャンブルではなくなりました。

まとめ

僕がギャンブル的な投資になったのは、運用期間を逆算して慌てたということもあります。

慌てて短期間に大金を分割投資しても、あるいは一括投資してもそれが値上がりしてくれたら何も問題は無いのですが、世の中は思い通りには行きません。

40代後半以上の投資家さんはくれぐれもご注意を。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】