マイホームの購入資金と独立資金は、こうやって貯めた【逆・先取り貯金】

【スポンサーリンク】

time-is-money-1601988_960_720

貯金ができない人は「先取り貯金が効果的だ」と書かれた記事をよく目にします。これはお金が入ったら先に貯金して残ったお金でやり繰りしなさいという方法です。

今回は、僕はこの先取り貯金とは真逆の「逆・先取り貯金」でお金を貯めたというお話です。

「逆・先取り貯金」とは僕が今思いついた言葉ですが、要するに先に生活費(決まった金額)を抜いて残ったお金を貯金するという方法です。

【スポンサーリンク】

「逆・先取り貯金」は自動的に勝手に貯まる

先に嫁の「逆・先取り貯金」を紹介します。

時給800円のパート

嫁は数年前から月100時間のパートに行ってくれています。

時給は800円代の前半だったと思いますが、ここから税金が差っ引かれるので月に8万円あるのかないのか、明細を見たことがないのでよくわかりません。

嫁のパート代金は嫁名義の地方銀行の口座に振り込まれます。この口座はコレのみで他の取引はありません。

家の食費と嫁の小遣いの「6万円だけ」を引き出す

我が家の毎月の食費は35,000円で、これは嫁が管理しています。

この35,000円と嫁の小遣いの25,000円の合計6万円は、嫁のパート代金が振り込まれている嫁名義の口座から毎月6万円だけ引き出します。

残りの2万円前後のお金は使うなと言ってあるので残高が毎月自動的に積み上がっていきます。

毎月自動的に2万円貯金

流れとしては、パート代の約8万円が振り込まれた口座から、毎月6万円だけを引き出すという感じです。そうすると自動的に毎月2万円前後が積み上がっていきます。

口座に60万円貯まっていた

先月、車検を受けたのと、今月は洗濯機を買い換え、どちらもクレジットカードを使ったので、先々週嫁のパート代金の口座から残高を全額メイン銀行に移すように嫁に頼みました。

そしたら、なんと60数万円も貯まっていました。僕は20~30万円ぐらいかなと思っていたのでビックリです。

使ってないので貯まるのは当たり前なのですが、でも正直「めっちゃ貯まってるやん!」て思いました。

逆・先取り貯金で独立しマイホームを買った

僕がサラリーマンの頃にやっていた家の「逆・先取り貯金」も流れとしては全く同じです。

毎月一定額を先に抜く

毎月の食費や光熱費、自分の小遣いや保険料、ガソリン代等の合計は季節によって多少前後するので一番多い月を基準にします。

その基準にした金額を毎月先に抜いてメイン口座に移し、残りを貯金するというのが「逆・先取り貯金」です。

収入が増えても生活レベルは上げない

転職して収入が増えても、昇給があっても、ボーナスをもらっても同じです。決めた一定額を先に抜いて残りはそのまま貯金します。

収入が増えても生活レベルは上げません。贅沢もしません。

お金がある程度貯まってくると預金残高に興味が無くなりニヤニヤしなくなります。

逆・先取り貯金で独立しマイホームを買う

僕はこの方法で貯めたお金を使って、1996年にサラリーマンを辞めて独立しました。その翌年の1997年にはマイホームを買いました。

※元々の貯金の目的は独立でもマイホーム購入でもなく目的の無い保険的な無目的貯金でした。

関連記事貯金の目的が決まっていて、いつか消えて無くなるお金は貯金ではない。目的のない貯金こそがリスクに備えた余裕資金になる

関連記事お金が確実に貯まる方法。僕はこのお金で独立し、マイホームも買いました。

金利に興味がなかったので普通預金に預金していた

ただし、僕がアホだったのは定期預金ではなくて普通預金に預金していたということ。

当時は預金金利に全く興味が無かったのとネットバンキングが多分無かったので、給料が普通預金の口座に振り込まれたら先に生活費を抜いて、残ったお金はそのままその口座に放置するというのが僕の貯金スタイルでした。

先の嫁のパート代と全く同じです。

でも今はネットで1円単位まで簡単に資金移動できるので、先に残高を計算してその額を根こそぎ移動したら済むので楽ですよね。もちろんボーナスがあったらボーナス込みで根こそぎ移動ですよ。そうしないと貯まりません。

これは機械的に自動積立と同じようにやらないとダメです。

ちなみに嫁のパート代が振り込まれる地銀の口座は、嫁の意志でネットバンキングが使えるように設定されていません。アナログ口座です。

関連記事投資信託で資産運用を始めたきっかけ/値下がりしても分配金を再投資し続ければ元は取れるし、複利効果があるので何んとかなる?

まとめ

よく考えてみると僕は積立貯金も先取り貯金もどちらもしたことがないような気がします。あったかもしれませんが覚えていません。

アナログな放置型の「逆・先取り貯金」の方が一生懸命貯めるんだー!!って感じがしないので僕には合っていたのかもしれません。

投資信託は人の感情が入らない方が良い結果が出ると言いますが、多分、貯金も同じで「気がついたら貯まっていた」という貯め方の方が貯まるような気がします。僕はそうでした。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】