家を頭金なしで買うということは、焦って家を買うのと同じで危険

【スポンサーリンク】

architecture-1845689_960_720

家を頭金なしで買うということは、焦って家を買うのと同じで危険だと思うのです。

例えば、家の買い方に正しい買い方と正しくない買い方があるとすれば我が家の場合は間違いなく正しくない買い方だったと思います。

理由は早くマイホームで暮したいということで、サラリーマンを辞めて独立した翌年に何も勉強せずに焦って家を買ったからです。

関連記事賃貸派だった僕がなぜ家を買ったのか?マイホームが欲しくなると周りが見えなくなる

【スポンサーリンク】

正しくない家の買い方

無謀な家の買い方

家を買ったのは僕がサラリーマンを辞めて独立した翌年ですので、その時はたまたま調子が良かったかもしれませんが、安定はしていません。

というか、独立してたった1年で安定するわけがないし先なんて読めるわけがありません。調子が良かったのはたまたまで逆にもっと慎重になるべき時期です。

そんな状況で4700万円の住宅ローンを組んで家を買う。これは誰がどう見ても無謀です。

焦って家を買った理由

家を焦った理由は、冒頭にも買いたように「早くマイホームで暮らしたかった」からです。これ以外に理由はありません。

とにかく一刻も早く自分の家が欲しかった。これだけです。必要にせまられて買ったわけではありません。

たったこれだけのために、つまり「早く自分の家が欲しかった」という理由だけで独立した翌年に4700万円も借金して家を買ったわけです。

当時の僕の頭の中は「早く自分の家が欲しい」「早くマイホームに住みたい」だけで、周りが全く見えていませんでした。

借金地獄に陥っていないのは運が良かっただけ

家購入後も商売の絶好調は暫らく続き貯金もできました。これは運が良かったとしか言いようがありません。決して僕の実力ではありません。

もし僕に実力があったら廃業なんてしていません。

ですので、我が家が借金地獄に陥っていないのはただ運が良かっただけなのです。

頭金なしで家を買うということ

頭金なしでも家は買えるそうですが、でもこれって怖いですよね。なぜ頭金なしで家を買おうとするのか。

多分「早く自分の家が欲しい」「早くマイホームに住みたい」からだと思います。もちろん他にも理由はあると思いますが。

我が家の家の買い方はかなりリスキーな買い方でした。下手すると借金地獄。これが当時の僕には全く見えていませんでした。

恋は盲目って言いますよね。マイホームも同じだと思います。僕はそうでした。マイホームは盲目って感じになっていました。

家は焦って買ってはいけない

頭金なしで家を買おうとする人は、もしかしたらマイホームは盲目状態で住宅ローンは借金であり借金はリスクだということが見えなくなっているのかもしれません。

焦る理由は家賃がもったいないから?

住宅ローンが低金利だから?

一番の理由は早く自分の家が欲しいからではないですか?だから頭金なしでという発想に。

頭金なしということはそれだけ借金する額が増えるのでその分ハイリスクになります。頭金なしで家が買えても返済できなければ意味がありません。

家が欲しかったら買えばいいと思います。でも危険な買い方は正しくない家の買い方だと思うのです。

関連記事頭金なしで家を買うとこうなる!4000万円の住宅ローンが重いのは家計管理が甘いから

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】