家賃で家は買えるか? 住宅ローンを組んでマイホーム購入を後悔する理由

【スポンサーリンク】

kitchen-1821117_960_720

「今の家賃で家が買えますよ」的なセールストークやチラシを鵜呑みにして家を買ってしまうと、住宅ローンを後悔することになります。

「家賃の支払いをそのまま住宅ローンの返済に充てれば家が買えるやん…」と考えると、家賃を支払うのが馬鹿らしくなってきます。

しかし、世の中はそんなに甘くありません。

【スポンサーリンク】

家賃では家は買えない

住宅ローンの返済額を家賃と同額にする

例えば、現在家賃が8万円の賃貸住宅に住んでいたとします。

この家賃の8万円を基準にして住宅ローンの月々の返済が8万円になるような物件を購入したとします。住宅価格と何年ローンかはここでは端折ります。

今のこの段階では8万円の家賃が住宅ローンの返済に変わっただけなので、住宅ローンを後悔するような要素は何もありません。

住宅ローンの返済以外の出費

しかし持ち家には住宅ローンの返済とは別に固定資産税という税金がかかってきます。

あとマンションの場合だと修繕積立金。一戸建てだと普通の集合住宅より水道光熱費が割高になります。

具体的な金額は物件と地域によって違うのでわかりませんが、数千円単位の金額ではありません。

戸建ては修繕積立金は徴収されませんが、メンテ等の修繕費はその都度かかってくるので別枠で貯めておく必要があります。

賃貸では大家さん負担だった出費も持ち家になると全負担になります。

増えた出費が重く圧し掛かってくる

たとえば、上記の住宅ローン以外の出費が月平均3万円だったとすると、住宅ローンの返済と合わせて毎月11万円の支払いになってしまいます。

この場合、住宅ローンの返済額を5万円に抑えないと家賃と同額の8万円にはなりません。

カツカツな家計で家を買ってしまうと後々この3万円が重く圧し掛かってきて大後悔することになります。

5万円と8万円と11万円。この差は大きいです。

住宅ローンの返済額を減らすためには頭金を多く準備するか、あるいは安い物件を買うか… ということになると思います。

住宅ローンを後悔しないために

大事なのは住宅ローンの返済以外の出費です。

舞い上がっている時は気が大きくなっているので「数万円程度だったら何んとかなるわ!」と軽く考えてしまいがちです。

この数万円が後悔の素になるのです。

試しに現在の毎月の生活費を数万円減らしてみて下さい。それが何十年も続くことになるわけですが、大丈夫でしょうか。

家を買う時は「勢い」は必要かもしれません。でも勢いだけで無謀な買い方をしてしまうと後悔することになります。

住宅ローンの返済も、ローンの返済以外の出費も、どちらも負担にならないような資金計画を立てないと、せっかくのマイホームが悪夢のマイホームになってしまいます。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】