【50代で家を買う】バリアフリーの平屋を建てた50歳代の身内の話

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

architecture-1853334_960_720

年をとっても一生ずっと住める家はいつ購入したら良いのか、あるいはいつ建てたら良いのか?

今回は50歳代でバリアフリーの平屋を建てた兄夫婦の話です。以前書いたかもしれませんが懲りずにまた書きます。

【スポンサーリンク】

50歳代で生涯住める家を買う

バリアフリーの平屋

九州の田舎に住んでいる50歳代の兄夫婦は数年前にバリアフリーの平屋を建てました。

年をとって車椅子になっても大丈夫なようにということで、庭にも段差が無く、浴室とバスタブは介護されることを想定して大きめにしたそうです。

広い庭付きで部屋数も普通にあったので結構な広さの敷地面積。田舎ですので土地は安いと思いますが。

個人的には部屋数はそんなに必要ないやろと思ったりしましたが、兄は田舎の人間ですので「いつ誰が来ても泊められるように」したかったそうです。

光熱費は太陽光発電を設置していて売電するので水道代しかかからないと自慢していましたが、今はわかりません。

生涯住める家とはこんな家のことではないかと思いました。

長期の住宅ローンは厳しい

このバリアフリーの平屋を建てるのにいくらかかったのか、現金で建てたのか、住宅ローンを組んだのか、何年ローンを組んだのか等、お金に関することは何も教えてくれませんでした。

もし50歳代の兄夫婦が長期の住宅ローンを組んで建てていたとしたら、後が厳しいと思います。

年が年なので、建てるとしたらやっぱり現金一括でないと。老後破綻はイヤですもんね。

ちなみに兄夫婦は家を建てるまでは家賃が安い公営の賃貸住宅に長年住んでいたので、貯金はあったかもしれません。

一生住む家は50歳代で現金一括購入

若い時に若い時の感性と予算で買った家は、多分高齢者には向かない家だと思ので一生ずっとは住めないかもしれません。

ちなみに我が家は2階建てで外にも階段があるので、よぼよぼになったら住めません。

老後を想定した家を買うのであれば50歳代で現金一括購入がいいかもしれませんね。

関連記事老後のために持ち家を買っても、老後の前に売却することになるかも!?

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】