本心はマイホームが欲しかった。「家なんか買う人アホやで!」は貧乏人の僻みやっかみ負け惜しみだった

【スポンサーリンク】

以前は僕も嫁も賃貸派だったので「家なんか買う人アホやで!」と思っていました。

ところが、ある日のドライブ中に覘いた一戸建ての見学会がきっかけで中古の一戸建てを購入し、半年後にはその家に引越していました。

これって一体どういうこと? 

普通、賃貸派は冷やかしでも見学会は覘かないやろ? 

で、半年後に引越し?

もしかしたら「家なんか買う人アホやで!」は本心じゃなくて、僕も嫁も昔からマイホーム願望があったのかもしれません。

関連記事賃貸派だった僕が持ち家を買うきっかけになった出来事/マイホームが欲しくなると周りが見えなくなる

関連記事家が欲しいと思ってから、たった6ヶ月で購入した我が家の無計画なマイホーム購入

【スポンサーリンク】

 マイホームは欲しいけどローンが組めないので買えないと思っていた

貧乏性は分割払いの審査に落ちたのがきっかけ

うちは結婚した当初は低年収で貧乏だったので家財道具が揃っていませんでした。

近所のダイエーの家具売り場で、10万円前後の買い物を10回か12回の分割払いでお願いしたら審査に落ちてしまったことがあります。

たった10万円の分割払い… 

今だったら現金で買えよ!と思うのですが、当時はその10万円が我が家にはありませんでした。あの時は本当に惨めでした。

以前『僕が30歳で1000万円貯金した方法』という記事を書きましたが、これは僕が貧乏性で心配性だったから30歳で1000万円貯金できたのだと思います。

僕の貧乏性は分割払いの審査に落ちたのがきっかけだったような気がします。

関連記事僕が30歳で1000万円貯金した方法。収入を増やさないと節約だけではお金は貯まらない

「大きな借金して家なんか買う人アホやで!」は貧乏人の僻みやっかみ負け惜しみ

貯金があっても年収が増えても貧乏性なので気持ち的にはずっと貧乏。ローンは組めないと思っていたので家を買う直前までは我が家にはマイカーもありませんでした。

マイカー、マイホームは我が家ではローンが組めないので「買えない物」だいう意識があったような気がします。

その反動で「買えない物」にケチをつける…

大きな借金して家なんか買う人アホやで!

家なんか買うと何十年も借金に縛られて自由に引越しできないし転職もしにくくなる

分譲マンションも団地も一緒やん!

賃貸の方が絶対楽やわ!

散歩中に薄グレー・薄ベージュの一戸建てを見て

あんなプレハブみたいな家はタダでも要らんわ!

ご近所さんに変人が居たらどうすんの?

今思えば当時の持ち家に対するディスりは貧乏人の僻みやっかみ負け惜しみだったような、そんな気がします。

マイホームは買えるけど買わない

素直に「マイホームは欲しいけどローンが組めないので買えない」という気持ちにはなれません。理由は負けを認めたような気になるからです。

気持ち的には「買えるけど買わない」ということにしておきたかった。多分そういうことだと思います。

本心はマイホームが欲しかった!?

マイホーム購入のきっかけになったのはドライブ中の見学会です。

その半年後には住宅ローンの返済がスタートしているということは、元々僕も嫁もマイホームが欲しかったのだと思います。

本当にマイホームに興味がないのであれば冷やかしでも見学会は覘かないと思います。

追記:2017/3/4

借金に縛られるのが嫌だったので「大きな借金して家なんか買う人アホやで!」も多分本心だったと思います。

考え方ってころころ変わるので自分でもわからなくなります。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】