【住宅ローン リスク】マイホームは購入してからが本当の勝負!!

【スポンサーリンク】

以前、NHKで放送していた「プリンセスメゾン」(居酒屋でアルバイトをしている女性がマイホーム探しをするドラマ)で、「欲しい物は手に入れてからが本当の勝負だ」という台詞がありました。

本当にその通りだと思います。

マイホームは購入してからが本当の勝負です。

【スポンサーリンク】

 【住宅ローン リスク】マイホームは購入してからが本当の勝負!!

住宅ローンを組んで家を買うと、当然、毎月の返済に追われることになります。

転職・失業による収入減

家計に余裕がある時は返済に追われるという感覚は無いと思いますが、転職・失業などで収入が激減すると状況は一変します。

職場が中小零細企業だと永遠に安泰というわけにはいきません。

もちろん、大企業・公務員も人間関係が原因で転職するということもあるのでリスクは低いけど安泰ではありません。

もし我が家にまだ住宅ローンの返済が残っていたら家は勝手に売却できないし、僕は現在無職なのでもう完全に破綻です。

関連記事マイホーム購入を検討する時、年収よりもっと大事なこと/あなたの勤務先は大丈夫ですか?倒産しませんか?

関連記事【持ち家 リスク】住宅ローンの返済は、転職・失業による収入減で簡単に行き詰る

住宅ローンの返済は気が遠くなるほど長い

我が家は1997年に30年の住宅ローンを組んだので、毎月の返済がまだ10年も残っている計算になります。

20年経ってもまだあと10年も… もううんざり。住宅ローンの返済は気が遠くなるほど長いのです。

購入した家には満足するかもしれませんが、もしかしたら数年後に住宅ローンの返済が苦痛になり後悔するかもしれません。

関連記事【住宅ローン 返済】マイホーム購入から20年経過して思うことは、繰り上げ返済しておいて良かったということ

まとめると

・住宅ローンの返済は気が遠くなるほど長いが、その間の収入の激減は許されない。

実際はこれに家の維持費と資産価値も関係してくるので「満足」を維持するのは大変です。

ちなみに我が家は住宅ローンの返済はありませんが、資産価値のダダ下がりで購入してから15年後に後悔し始めています。

マイホームは、というか、住宅ローンは家を手に入れてからが本当の勝負だ!という覚悟は必要です。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】