「老後は持ち家のほうが楽だ」という嘘。買った家も年をとるのでお金が無いとボロボロになる

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

住宅ローンが終われば、家賃の支払いが無いので老後は賃貸住宅より持ち家の方が楽だといった内容の記事をたまに見かけますが、実際は決して楽ではありません。

理由は、住宅ローンを返済している間も、返済後も家の維持費がかかり続けるからです。

【スポンサーリンク】

購入した持ち家の維持費と経年劣化

住宅ローンは何歳で終わる?

たとえば、30才の時に30年の住宅ローンを組んで家を購入したとするとローンが終わるのは60才です。

住宅ローンを返済する間に30才も年をとってしまいました。繰り上げ返済して20年で完済したとしても50才です。

滞ることなく順調に返済できたとしてこの年齢です。

もし35才で家を購入していたら、あるいは購入が40才だったら住宅ローンの返済が終わるのは何歳になります?

気が遠くなりますよね。その間にどんなことがあるのでしょうか?

購入した家も年をとる

購入した家も同じように年をとり、経年劣化が進みます。

一戸建てだと、その間かローン完済後に外壁・屋根・水回りなどの大規模な修繕が必要になってきます。

マンションも同じく毎月の修繕積立金とは別に大規模修繕費を請求される可能性があります。

持ち家の維持費

そんなこんなの費用は、老後資金とは別にキープしておく必要があります。

固定資産税と小規模なメンテ費用は、家を購入してからずっと、住宅ローンが終わっても住み続ける間は永遠にかかり続けます。

関連記事持ち家は住宅ローンが終わっても安心できない。マンションも一戸建ても出費の不安は永遠に続く

住居費以外の出費

実際の家計の出費は住居費だけではありません。

子供の教育費や車の乗換、医療費等住居費以外の出費の方が多かったりします。

うちは家を購入した時は子供は2人ともまだ小学生だったので、その後、中学高校大学と、お金がなんやかんやと出ていきました。

片方では老後資金を貯めなければなりません。

これは賃貸住宅に住んでいても条件は同じですが。

賃貸住宅の費用

賃貸住宅は家賃と更新料しかかかりません。

ちなみに、以前住んでいた府営団地と仕事で借りていた事務所には更新料はありませんでした。独身の時に住んでいたアパートも更新料はありませんでした。

ですので僕は一度も更新料を経験したことがありません。これは関西だけかもしれませんが。

賃貸は引越せる

家賃が重く感じたらそれより安い賃貸に引越せば済む話です。

持ち家の固定資産税や修繕費等の維持費にあたる部分は、家主が負担しているので、当然その分は家賃に上乗せされていると思います。

ですが、もしその家賃が高いと感じるのであれば安い賃貸に引越せばいいのです。おすすめは公営住宅です。

賃貸だとそれができますが、持ち家だと売却しなければいけないので大変です。もしまだローンの返済が残っていたら勝手に売却できません。

まとめると

・持ち家であっても賃貸であっても、お金が無ければ楽には暮らせません。

ローン以外の家を買う時の諸費用と、購入後かかり続ける維持費等を考えると、老後になるまでうんざりするほどお金が出ていくということがわかります。

老後30年以上前に購入した家で楽に暮らせるほど貯金できますか?

関連記事老後の住まいは維持費のかかる持ち家より、公営の賃貸住宅の方が楽かも。

関連記事老後は住居があってもお金が無ければボロ屋で貧乏生活。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】