新築一戸建てをやめて中古の一戸建てにした理由。新築にこだわるか、広さにこだわるか

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

我が家のマイホーム購入は、予算的に「新築」より「広さ」を優先したので、結果、敷地が74坪の中古の一戸建て住宅ということになりました。

今回はそんなお話です。

(マイホームを購入した1997年の頃のお話ですので、不動産価格は今とは全然違います。)

【スポンサーリンク】

 新築にこだわるか、広さにこだわるか

建築中の新築一戸建てを覘く

マイホーム購入の最初のきっかけはドライブ中に覘いた建築中の一戸建てだったということは以前書いた通りです。

以前の記事はこちら

一戸建てを買うと決めたのはコレがきっかけ!! どうせ家を買うのなら子供が小さい時に買った方がいいかも 

その建築中一戸建ては某大手ハウスメーカーが建てた家で、建物はほぼ完成していましたが庭がまだ全くという感じで重機が置いてありました。

説明してくれた不動産業者の営業マンに値段を聞いたら、土地代込みで1億円を超すと言っていました。

お隣さんの家との間隔はだいぶ余裕があったので、土地は70~80坪ぐらいあったのではないかと思います。

確認していないので正確なことはわかりませんが、多分それぐらいだと思います。

1億円の家を物件探しの参考にする

この後の我が家の物件探しはこの建築中一戸建てを見本にしたというか参考にしました。

つまり、欲しい家は庭付きの一戸建てでお隣さんとはくっ付きすぎていない家。となると土地は70坪前後は欲しい。

けど予算的に1億円は絶対無理… ということで、この時点で庭付きの新築一戸建ては諦めました。

オープンハウスを見て新築一戸建てを諦める

建築中一戸建てを見た帰りに覘いたオープンハウスは、土地が60何坪かで6000万円を超えていました。

正確な坪数は覚えていませんが、値段はたしか6200万円だったような。もしかしたら6500万円だったかもしれません。

中古の一戸建てでこんな値段です。

ということは、土地が70坪前後の新築一戸建ては絶対に無理だということが再確認できたので、この時点で新築はキッパリと諦めました。

実際は、最初から無理だと思っていたので、「新築を諦めた」という意識もなければ残念に思うこともありませんでした。

狭小地の新築一戸建ては考えなかった

もしお隣さんとの間隔と家の広さを気にしなかったら、20坪前後の土地に新築の一戸建てを建てられたかもしれません。

それでも費用は結構かかると思いますが、でも1億円はしないと思います。

もしかしたら中古で購入した5900万円の今の家より安く建てられたかもしれません。20年も前(1997年)の事なので確認のしようがないのですが。

というか、最初に見た建築中一戸建てが一瞬で理想の家になっていたので、「狭小地で新築一戸建て」という発想は僕にはありませんでした。

もし狭小地に新築を建てていたら?

もし新築にこだわって狭小地に一戸建てを建てていたら、あるいは新築の建売りを買っていたら、おそらく今以上に後悔しているかもしれません。

最初に見た建築中一戸建てと同じぐらいの広さが欲しかったので多分後悔しています。

資産価値は今の家と同じようにダダ下がっていると思うので後悔では済まないかもしれません。ま、実際に住んでみないとわかりませんが。

ちなみに僕はマイホーム購入は資産価値のダダ下がりと維持費云々で後悔していますが、家と環境には満足しています。

関連記事【新築か中古か】持ち家購入は後悔しているが、中古住宅を購入した後悔はない

まとめると

・新築一戸建てとなると、予算的に土地と家が狭くなる。
・新築にこだわるか広さにこだわるか。我が家は広さにこだわった。

最初の建築中一戸建てを見た時、当時小学生だった子供らが大はしゃぎしていたので、気がついたらその家が理想の家になっていました。

物件探しはその後覘いたオープンハスの不動産仲介業者に依頼することになるわけですが、条件は同じ校区内で敷地が70坪前後で探すようにお願いした記憶があります。

ドライブ中に建築中一戸建てを覘くまでは、僕も嫁も「家なんか買う人アホやで!」と考えていた人間です。この変わりように自分でもビックリです。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】