【買うか借りるか】総住居費は持ち家より賃貸の方が安く抑えられる

【スポンサーリンク】

「持ち家と賃貸とではどちらがお得?」って、これは持ち家と賃貸の総住居費の比較だと思うので、今回はその総住居費を比較してみたいと思います。

【スポンサーリンク】

持ち家と賃貸の総住居費

持ち家と賃貸の総住居費は、ざっくりですが次のようになると思います。

持ち家の総住居費

・頭金+住宅ローンの総返済額(利息込み)

・住宅ローンの保証料

・仲介手数料

・火災保険料

・地震保険料

・司法書士手数料

・不動産取得税

・固定資産税

・水回り,屋根,外壁等のメンテリフォーム修繕費

・小規模修繕費(屋外ガス給湯器故障等)

・割高になった水道光熱費(一戸建て)

・もしかしたら建替え,住替え,大規模修繕費(マンション)

関連記事【中古住宅 諸費用】中古一戸建て住宅の購入費用は、いくらかかったのか?

賃貸の総住居費

・敷金,礼金,保証金(僕はこの違いがよくわかりません)

・更新料(僕は更新料を経験したことがありません。@関西)

・家賃

持ち家 vs 賃貸

総住居費が安くつくのはどっち?

賃貸は家族構成の変化に合わせて住替えられるので家賃は上下しますが、持ち家の場合はそれができません。

ですので、簡単に住み替えできない持ち家と、引越しが自由な賃貸のスペックだけを揃えて比較してはいけないのです。

そんなこんなを踏まえて持ち家と賃貸を比較すると、たとえば、持ち家の総住居費が50年間で5000万円だったとしたら、その5000万円より安くつく賃貸に住み続けた方が得だということになります。

さらに、持ち家の場合は50年も経てば建て替えか住み替えが必要になるかもしれないので、持ち家の総住居費は相当な額になる可能性もあります。

自分の資産になっても「一部だけ現金化」できない

持ち家の具体的な総住居費は購入して住んでみないとわからない部分があるのと、将来、自分の資産になった時の資産価値も読めません。

自分の資産になってもその資産は現金ではないので、今月はお金が足りないので玄関を売って現金化しようというようなことはできません。

まとめると

・損得で考えるのであれば賃貸。

・自分の家が欲しいのであれば持ち家。

住宅ローンを組んで持ち家を購入し、数年間住んでみれば、家賃の安い賃貸の方が総住居費は抑えられるということがわかってきます。

極端な話、家賃の安い公営住宅に住み続けた方が、一生家賃の支払いが続いても総住居費は安くつきます。

関連記事持ち家と賃貸の違いは損得よりリスク。下流老人も老後貧乏も老後破綻も結局は住宅ローン。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】