複数の投資信託のチャートを、yahooファイナンスを使って比較検証する方法

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

今回は複数の投資信託のチャートをyahoo!ファイナンスを使って比較する方法です。(PC)

このyahoo!ファイナンスと、モーニングスターのポートフォリオ登録を使ってあれこれ検証するといろんなことが見えてくるのでとても便利です。

参考記事投資信託/モーニングスターの「ポートフォリオ登録」の方法

【スポンサーリンク】

 yahoo!ファイナンスの使い方

yahoo!ファイナンスの株価検索にファンド名を入れても表示されないので投信コード(正式名はわかりません)を入れます。

投信コードはモーニングスターのスナップショットの「ファンドの特色」の直ぐ上に8桁で表示されています。

試しに今回は『セゾン バンガード・グローバルバランスファンド』の投信コードを探してみます。

画像元:モーニングスター

「ファンドの特色」のすぐ上の8桁の数字

次は、表示された「96311073」をyahoo!ファイナンスの株価検索ボックスにコピペして株価検索をクリック。

ファンド名(セゾンバンガード・グローバルバランスF)のすぐ下のチャートをクリック。

チャートの下の「期間」を「10年」と、画面サイズも見やすいので「大」をクリック。

このチャートが『セゾンバンガード・グローバルバランスF』の過去10年の推移になります。

 yahoo!ファイナンスを使って複数の投資信託を比較

先進国の外国株式のインデックスと比較

次は複数の投資信託を比較してみます。

まず最初は先進国の外国株式のインデックスと『セゾンバンガード・グローバルバランスF』を比較してみます。

使うのは

外国株式インデックスファンド(64311012)

先の『セゾンバンガード・グローバルバランスF』のチャート下の「比較チャート」に「64311012」と入れて右側の「比較」をクリック。

ブルーの線はセゾンバンガード・グローバルバランスFで、赤の線は外国株式インデックスファンドです。

『セゾンバンガード・グローバルバランスF』は株式と債券が50%:50%なので、値下がりする時は株式100%の『外国株式インデックスファンド』の方が大きく値下がりするということがわかります。

先進国の外国債券を加えて比較

次は先のチャートに先進国の外国債券インデックスを加えてみます。

使うのは

外国債券インデックスファンド (64312012)

先の『外国株式インデックスファンド』と同じ要領で、チャート下の「比較チャート」に「64312012」と入れて右側の「比較」をクリック。

・セゾンバンガード・グローバルバランスF

・外国株式インデックスファンド

・外国債券インデックスファンド

『セゾンバンガード・グローバルバランスF』は株式と債券が50%:50%なので、株式100%の『外国株式インデックスファンド』と、債券100%の外国債券インデックスファンド』の中間辺りを推移するということがわかります。

イメージ的には「大きく値下がりした株式を債券が助けてくれた」という感じでしょうか。

期間を5年にして比較

次は期間を「5年」にして3本を比較してみます。

期間の「5年」をクリックすると表示は切替わります。

・セゾンバンガード・グローバルバランスF

・外国株式インデックスファンド

・外国債券インデックスファンド

先の期間が10年とは全く別物のチャートになったような感じです。

上昇する時は、株式100%の外国株式インデックスファンドの足を外国債券の外国債券インデックスファンドが引っ張っている形になります。

セゾンバンガード・グローバルバランスFは50%:50%なのでその中間辺りを推移。

債券ファンドは値下がりの時は助けてくれるが、上昇する時は足を引っ張るというイメージですね。

最後に

・yahoo!ファイナンスのチャートには分配金が含まれていないので分配型の比較には使えません。

・短期だとたまたまということがあるので期間は長期で比較した方がいいです。

このようにyahoo!ファイナンスやモーニングスターのポートフォリオ登録を使ってアレコレ検証すると、いろんなことが見えてくるので自分に合った運用方法が見つかると思います。

複数のファンドを比較する時は起点を揃えないと正しい比較はできません。

もし例えば設定から3年しか経っていないファンドがある場合は3年以内で比較して下さい。5年や10年で比較しても起点が揃わないので意味がありません。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】