マイホームの維持費はいつまで続く?/築30年になる一戸建ての我が家の場合

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

マイホームの維持費はいつまでかかり続けると思いますか?

たとえば、子供は生まれてから社会人になるまで相当お金がかかります。でもこれは親としての義務・責任であり、自分の子供なので仕方ありません。

しかし、そんな子供でも社会人になって自立すれば普通はお金はかからなくなります。

持ち家はどうでしょうか?

住宅ローンが終われば社会人になった子供と同じようにお金がかからなくなるのでしょうか?

【スポンサーリンク】

 マイホームはいつまでお金がかかるのか?

持ち家は未成年の子どもと同じでずっと自分の責任

持ち家は住宅ローンが終われば文字通り「マイホーム」になるわけですが、家の出費・義務・責任・リスクに関しては購入直後からずっと「マイホーム」なので、売却するまで維持管理しなければなりません。

住宅ローン返済中でも自分の家ですからこれは当たり前です。

子供は成長して社会人になり自立すればお金はかからなくなりますが、マイホームは住宅ローンの返済が終わっても自立してくれないのでずっとお金がかかり続けます。

定期的な出費は、我が家の場合は固定資産税と割高な水道光熱費などです。

将来の大きな出費

たとえば30年の住宅ローン返済が終わる頃、購入した家も30才年を取るので、タイミング的には家の修繕リフォームが終わっているかどうかという時期。

中古物件だったら購入時に修繕リフォームを済ませるか、あるいはローン返済中にやるか。

中古マンションの場合、建物の老朽化で修繕積立金とは別に大規模修繕費を請求される可能性も。どちらにしても準備が必要です。

この大きな出費が定期的な出費ではないので、持ち家は住宅ローンの返済が終われば楽に暮らせそうなイメージになってしまいますが、これは大間違いです。

この、将来必ずやって来る大きな出費をどうするか? 

家を買う前はあまり深く考えないと思いますが、しかし、年を取った家はお金をかけて修繕リフォームしないと住めなくなります。

我が家の修繕リフォーム事情

我が家は1997年に平成元年築の一戸建てを中古で購入したので今年で築30年になります。

20年しか住んでいないけど

家自体は来年で築30年。

住宅ローンは2007年に完済したが

建物の資産価値は既にゼロ。

一般的なお宅だと外壁や屋根や水回り等の修繕リフォームは既に済んでいる築年数だと思いますが、我が家はまだ何もやっておりません。

理由は相当な出費になるからです。

数十万円で済む仕事ではありません。

もちろん長く住むためには家の修繕リフォームは大事です。けど我が家は老後資金作りを優先することにしました。

本当は家の修繕リフォームも老後資金作りも両方できれば何も問題はないのですが、資金的に余裕がないので仕方ありません。

関連記事【我が家の老後資金計画】老後のお金の目標額を5,000万円に設定してみた

関連記事我が家の投資信託はインデックスから国内株式のアクティブファンドに乗換えました

まとめると

・子供は社会人になって自立すれば普通はお金はかからなくなるが、持ち家の維持費は売却しない限りずっと続く。

・この出費とは別に老後資金も考えないと悲惨な老後になる。

今年で築30年の我が家は、20年後、今度は築50年になります。

それまでに建替えるか住み替えるか、あるいは二束三文でもいいから叩き売るかしないとお金で苦労することになります。

家も人間と同じように年を取るので、何もしないとボロボロになって住めなくなります。

持ち家は住宅ローンが終わっても売却しない限り確実にお金がかかり続けます。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】