郊外のマイホームは、資産価値が下がり物置部屋ができる/持ち家より賃貸の方が便利

【スポンサーリンク】

マネーポストに気になる記事がありました。『郊外のマイホームは誰のため? 物置部屋だらけの一戸建ての悲哀』という記事タイトル。

実は我が家も「物置部屋だらけの一戸建て」になりつつあります。

【スポンサーリンク】

郊外のマイホームは、資産価値が下がり物置部屋ができる

郊外の一戸建て

「家を持つか・借りるか、どちらがトクなのか?」という論争は、なかなか結論が出ない問題だが、マイボイスコムが2015年に行った調査によれば、「持ち家に住みたい」「どちらかといえば持ち家に住みたい」と答えた人は合わせて79.3%に到達。持ち家信仰は今でも根強いようだ。

ただ、限られた予算のなかで物件を探せば、都市の中心部から離れるのは仕方のないこと。郊外にマイホームを買い求めると、どういうことが起きるのか? 

引用:マネーポスト

家の資産価値を考えると郊外の一戸建ては不利になると思いますが、環境と予算と好みがマンションより一戸建てということになるとどうしても郊外になってしまいます。

我が家は資産価値が大きく値下がりしているので大後悔しているわけですが、家と環境には満足しているので、でも下げ幅が大きいのでとてもツライです。

来年で築30年になる家なので下げ幅は普通なのかもしれませんが、でもツライですよ、これは。

本当はマイホームを売って団地に引越したいのですが、大損出して賃貸に引越して家賃を一生払うのかと考えるとなかなか踏ん切りがつきません。

『子どもが家にいるのは高校まで』

記事の3ページ目から引用

「郊外に家を買おうとしてる人には、『子どもが家にいるのは高校まで』ということを認識しておいてほしいですね。買うなら、子どもが物心をつく前が良いと思います。それならその地に愛着を持つでしょうから」

引用:マネーポスト

現在一人暮らしをしている娘は家を購入した時はまだ小学生。当時は自分の部屋が持てて大喜びでしたが、現在はその部屋は少しずつ物置部屋化しています。

息子もそのうち家を出ていくと思うので、そうなったら息子の部屋も物置部屋になるかもしれません。

中古ですけど頑張って一戸建てを買ったのに、なんだかなぁですよね。

『子どもが家にいるのは高校まで』というのは、これはその通りだと思います。僕自身もそうでした。いつまでも実家暮らしはできません。

関連記事子供に合わせて家を買っても子供はいつか出て行く。住宅ローンが残った家に夫婦二人暮らし

関連記事一戸建てを買うと決めたのはコレがきっかけ!! どうせ家を買うのなら子供が小さい時に買った方がいいかも

まとめると

・資産価値を考えると郊外の一戸建ては不利。

・子供が自立し、家を出て行った後の部屋は物置部屋になる可能性大。

家の資産価値や子供が出ていった後のことを考えると、やっぱり持ち家より賃貸の方が便利やな!と思ったりします。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】