たった6ヶ月で109万円の含み益!/ハイリスク運用している我が家の投資信託の損益報告

【スポンサーリンク】

以前、地政学的リスク(北朝鮮)が燻ぶり続けている中で、ほぼ一括投資で今年の5月から保有している国内中小型株式アクティブファンドはハイリスクすぎるので、僕の口座だけ一旦全口解約して短期分割投資に変更するといった内容の記事を書きました。

▼以前の記事はこちら

保有中の投資信託を一括投資と短期積立投資に分けてリスクヘッジ。これも一つの分散投資

計画では2~3年の分割投資で行く予定だったのですが、途中でまたまた方針を変更。結局ハイリスクなままで行くことにしました。

今回はそんな我が家の投資信託の損益報告です。

【スポンサーリンク】

我が家の投資信託の含み損益

僕名義の口座

投資額:500万円

評価額:5,335,790円

含み益:+335,790円(+6.7%)

当初の計画では、9月の初めまで保有していた年2回決算型のジェイリバイブⅡとDIAM新興市場日本株ファンドを一度全口解約して、その資金を年1回決算型のジェイリバイブとネクストジャパンに2~3年かけて分割投資する予定でした。

ところが、途中で気が変わって予定を変更。

2~3年の分割投資はやめて、解約した資金は先月末までにジェイリバイブとネクストジャパンにほぼ投入済み。

総投資額は正確には5,149,228円になりますが、解約前のジェイリバイブⅡとDIAM新興市場には各250万円の計500万円を投資していたので、この500万円を総投資額として計算しています。

ちなみに、投資した5,149,228円という中途半端な数字の理由は、2本とも購入単位が口数だからです。(年2回決算型は金額指定で購入できます)

1口の購入金額に足りなかった最後の端数は銀行口座に移しました。

嫁名義の口座

投資額:500万円

評価額:5,760,122円

含み益:760,122円(+15.2%)

嫁の口座は5月に分割で500万円投資してから何も変更していません。

僕の口座の評価額は5,335,790円ですので42万円ほど嫁が勝っています。

この42万円の差は、9月の初めに全口解約した時の税金と最後に残った端数と、後は僕がもたついている期間の機会損失というか機会ロスですね。

合計すると

投資額:1,000万円

評価額:11,095,912円

含み益:1,095,912円(+10.9%)

運用期間約6ヶ月で+10.9%はまぁまぁだと思います。

保有している口座はマネックス証券です。

⇒ マネックス証券で投資信託

マネックス証券の投資信託チャート比較/僕はこれでインデックスからアクティブファンドに乗換える決心をした

最後に

2~3年の分割投資をやめてハイリスク運用に戻した理由は、ここで書くと長くなるので別記事にしたいと思います。

以上、我が家の投資信託の損益報告でした。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】