20年前に購入したマイホーム。子供が独立して夫婦2人暮らしに

【スポンサーリンク】

今回は、とうとう我が家は嫁と2人暮らしになってしまったというお話です。

今から20年前の1997年、マイホームを購入した当時はうちの子供は2人ともまだ小学生だったので、自分の部屋が持てて大はしゃぎしていたのをよーく覚えています。

家を購入するまでは狭い団地に住んでいたので自分の部屋なんてありません。ですので相当嬉しかったのだと思います。

もちろん僕も嫁も自分の家が持ててめちゃくちゃ嬉しかったです。

【スポンサーリンク】

20年前に購入したマイホームに夫婦2人暮らし

月日が経つのは早い

あれから20年。当時小学生だった娘は数年前から一人暮らしをしていたのですが、なんとなんとその娘が近々結婚するそうです。

当時物件探しをする時、転校するのは絶対イヤや!!と言っていたあの娘がですよ。もうホントビックリです。

それと息子も最近一人暮らしを始めたので、とうとう我が家は嫁と2人暮らしになってしまいました。

20年を長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれだと思いますが、僕的にはこうやって振り返ってみるとアッという間でした。

月日が経つのってホント早いです。

関連記事子供に合わせて家を買っても子供はいつか出て行く。住宅ローンが残った家に夫婦二人暮らし

マイホーム購入のタイミング

そんな状況ですので、今の家に嫁と2人暮らしだとちょっと持て余す感じになります。

ハッキリ言って2階の部屋は必要ないような気がします。というか、UR賃貸か府営の団地で十分です。

ということは、タイミング的にあの時家を買ったのは失敗だったのか?というと、それはちょっと違うような気がします。

損得を考えるとずっと団地で良かったやん!ということになりますが、マイホームで子供らと一緒に暮らせたという思い出が作れたので失敗だったとは思いたくないですね。

本心は収入の激減でマイホーム購入を後悔しているわけですが。

関連記事マイホームを購入してから15年後に後悔。住宅ローンを完済しても維持費が重い

家を買うとしたら

家を買うとしたら、マイホームで子供と一緒に暮す時間を作ることを優先するか、子供が独立した後に老後の住居を購入するか。

ちなみに、田舎の兄夫婦は50代でバリアフリーの家を建てました。

関連記事【50歳代で家を買う】バリアフリーの平屋を建てた50歳代の身内の話

けど僕はマイホームで子供と一緒に暮す時間が作れたので我が家はこれで良かったのです。ってなんか言い訳っぽいというか負け惜しみっぽいですね。

関連記事一戸建てを買うと決めたのはコレがきっかけ!! どうせ家を買うのなら子供が小さい時に買った方がいいかも

最後に

固定資産税や割高な水道光熱費、これからかかる修繕リフォーム費用などを考えると家を売却して団地に引越した方が楽に暮らせるのですが、なかなか踏ん切りがつきません。

資産価値がダダ下がった築30年の家がいくらで売れるのか?

大損出して売ってその後家賃の支払いが一生続くと思うと簡単には決断できません。

それと最近は、子供らの実家は今の家になるのでこのまま住み続けた方がいいのかなと思ったり。

けど今の家に住み続けるにはお金がかかるし、子供に譲ると言っても迷惑なだけ。こんな感じであーだこーだの無限ループは当分続きそうです。

保有中の投資信託が5倍に殖えてくれたら我が家は安泰なのですが。

以上、20年前に購入したマイホームで嫁と2人暮らしというお話でした。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】