保有8ヶ月で208万円の含み益! 国内中小型株ファンドだけ保有する我が家の投資信託の損益報告

【スポンサーリンク】

ハイリスク運用でハイリターンを目指す我が家の投資信託の損益報告です。

前回報告した約1ヶ月半前の11月14日の含み益は124万円でした。

▼前回の損益報告はこちら

ファンド保有7ヶ月弱で124万円の含み益! ハイリスク運用でハイリターンを目指す我が家の投資信託の損益報告

【スポンサーリンク】

 12月27日現在の我が家の投資信託の含み損益

嫁の口座

保有ファンドは年2回決算型のジェイリバイブⅡと、もう1本の計2本です。2本とも国内中小型株の高コストアクティブファンドです。

2017年12月27日現在の損益

総投資額 評価額(円) 含み損益(円)
500万円 6,269,901 1,269,901 25.4

前回の11月14日の評価額は5,824,407円で、含み益は824,407円(+16.4%)でした。今のところ順調に成長していってくれています。

ちなみに、前回まで保有していた「DIAM新興市場日本株ファンド」は、別のファンドに乗換えたので現在は保有していません。

乗り換え時の、信託財産留保額と税金控除後の解約資金は、全額別のファンドに投入しているので投資額には変更はありません。

関連記事またファンド乗換え!DIAM新興市場日本株ファンドからジェイリバイブへ

僕の口座

保有ファンドは購入が口数単位のジェイリバイブともう1本の計2本で、2本とも国内中小型株の高コストアクティブファンドです。

2017年12月27日現在の損益

総投資額 評価額(円) 含み損益(円) %
500万円 5,816,314 +816,314 +16.3

前回の11月14日の評価額は5,419,065円で、含み益は419,065円(+8.3%)でした。

僕の口座と嫁の口座の損益の差は、途中僕の口座だけ分割投資に変更しようとした時の約2ヶ月間のタイムロスが原因です。

関連記事保有中の投資信託を一括投資と短期積立投資に分けてリスクヘッジ。これも一つの分散投資

前回保有していたネクストジャパンは、別のファンドに乗換えたので現在は保有していません。

合計すると

2017年12月27日現在の我が家の投資信託の損益は次のようになります。

総投資額 評価額(円) 損益(円) %
1,000万円 12,086,215 2,086,215 +20.8%

投資額を1,000万円にして再スタートしたのは今年(2017年)の5月からなので、約8ヶ月で208万円の含み益ということになります。

最後に

今年(2017年)の5月に保有していたインデックスと毎月分配型の杏の実を全口解約して、高コストの国内中小型株ファンドに乗換え、その後もいじり倒したので多少ロスは出ていますが後悔はありません。

というか、乗換えて良かったと思っています。

リターンの差は複利効果の差になるので長期になればなるほどその差は大きくなっていきます。

違うと思ったら多少ロスが出てもすぐに乗り換える。これが今の僕の考え方です。けど多分今後は乗換えることはないと思います。

関連記事ジェイリバイブで投資信託の複利効果を説明してみる/投資信託は信託報酬で決めていいの?

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】