えっ!なぜ?高パフォーマンスの【JPM ジャパン・テクノロジー・ファンド】が繰上償還?

【スポンサーリンク】

以前から気になっていた国内中小型株ファンドの『JPM ジャパン・テクノロジー・ファンド』が先日(2018年5月9日)繰上償還されましたね。

ここ数年ずっと高パフォーマンスでモーニングスター・リターンランキングの上位だったのは、多分、販売を停止して純資産残高を30億円程度に抑えていたからだと思います。

【スポンサーリンク】

JPMジャパン・テクノロジー・ファンドは、なぜ繰上償還?

規模が小さいと儲からないから?

多分、運用会社のJPMにしてみれば、運用資産が30億円程度では信託報酬が高目でもあまり儲からないので面白くない…。

けど販売を拡大して規模を大きくすると、マザーズやジャスダック等の新興市場にも投資しているので運用しにくくなる…。

ちなみに、マザーズやジャスダック等の新興市場にも投資している『DIAM新興市場日本株ファンド』や『J-Stockアクティブ・オープン』『愛称:jcool』などは販売を停止しています。

・30億円程度では面白くない。

・けど大きくできない。

・だったらここは思い切って繰上償還…

ということだったのでしょうか? どうなんでしょう?僕にはよくわかりません。

パフォーマンス

モーニングスターのリターンランキング(全ファンド)の期間3年と5年は『JPM ジャパン・テクノロジー・ファンド』が1位でした。

繰上償還て、絶対もったいないですよね。

■期間3年(2018/04/30)

■期間5年(2018/04/30)

最後に

純資産残高が30億円あって高パフォーマンス。普通は運用を継続すると思うのですが。

このファンドの繰上償還は、多分、大人の事情ですね。

滅多にないとは思いますが、こういうこともあるということは覚えておいた方がいいですね。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】