投資信託の含み益294万円は運用13か月/我が家の投資信託の損益報告

【スポンサーリンク】

2013年の秋から保有していたインデックス4本を去年(2017年)の5月に全口解約して、高コストの国内株式アクティブファンドに乗換えた我が家の投資信託の損益報告です。

ちなみに、保有ファンドの信託報酬は1.59%~1.84%で、マネックス証券で僕と嫁の口座に分けて管理しています。

投資額は各口座500万円の計1,000万円です。

【スポンサーリンク】

我が家の投資信託の損益報告

嫁名義の口座

■2018年6月14日現在の損益

投資額:500万円

評価額:6,709,521円

含み益:+1,709,521円(+34.1%)

現在、嫁の口座では高コストの国内株式アクティブファンドを2本だけ保有しています。先進国や新興国の株式・債券・リート等は一切保有していません。

僕名義の口座

■2018年6月14日現在の損益

投資額:500万円

評価額:6,230,707円

含み益:+1,230,707円(+24.6%)

僕の口座は国内株式アクティブファンドを3本保有していて、こちらも先進国や新興国の株式・債券・リート等は保有していません。

嫁の口座と僕の口座の約48万円の損益の差(現時点)は、去年(2017年)の北のミサイル騒動時に僕の口座だけ一旦全口解約して短期分割投資し直した時の約2ヶ月弱の機会ロスと、解約時の税金ロスです。

我が家の投資信託の損益

嫁の口座と僕の口座を合計すると次のようになります。

■2018年6月14日現在の損益

投資額:1000万円

評価額:12,940,228円

含み益:+2,940,228円(+29.4%)

損益グラフで表示すると

現在、僕と嫁が保有しているファンドをモーニングスターのポートフォリオにまとめて登録すると、次のように表示されます。(損益グラフ)

画像元:モーニングスター損益グラフ

上の損益グラフの評価額は12,940,230円で、先の僕と嫁の口座の評価額合計は12,940,228円だったので2円の誤差が生じていますが、これは多分小数点以下の四捨五入か切上げかの違いだと思います。

このポートフォリオを使えば2口座を毎回チェックしなくても合計の損益額がわかるのでとても便利です。

そんなわけで、今後はこの損益グラフを使って合計額で損益報告します。

最後に

インデックスから国内株式の高コストアクティブファンドに乗換えたのは去年(2017年)の5月ですが、実はそれ以降も何回か乗換えを繰り返しているので税金ロスが合計で30万円ほどあります。

保有してみて値動きがちょっと違うなと思ったら、僕は税金ロスが出てもスグに乗換えます。これは性格ですね。

関連記事【投資信託】乗換えを繰り返した我が家の投資信託のこれまでの紆余曲折まとめ。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】