信託報酬は安い方がいいのか?/281万円の含み益は我が家の投資信託の6月23日現在の含み益

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

先に、2018年6月23日現在の我が家の投資信託の損益報告です。

投資額:1,000万円

評価額:12,813,182円

含み益:+2,813,182円(+28.1%)

前日(2018年6月22日)の評価額は12,833,210円だったので、前日比-20,028円(-0.156%)ということになります。

【スポンサーリンク】

インデックスと我が家の投資信託の損益を比較

次は、株式インデックスとバランス型インデックスの損益。

▼比較するインデックスの詳細はこちら

インデックスと我が家のアクティブファンドの損益を比較してみた/投資信託は信託報酬で選んでいいのか?

株式インデックスの損益

2018年6月23日現在の株式インデックスグループの損益は次の通りです。

投資額:1,000万円

評価額:11,078,626円

含み益:+1,078,626円(+10.8%)

バランス型インデックス

2018年6月23日現在のバランス型インデックスの損益は次の通りです。

投資額:1,000万円

評価額:10,432,792円

含み益:+432,792円(+4.33%)

結果をまとめると

  我が家の投信 株式インデックス バランス型
投資額 1,000万円 1,000万円 1,000万円
評価額 1,281万円 1,108万円 1,043万円
含み益 +281万円 +108万円 +43万円
28.1 10.8 4.33
信託報酬(%) 1.59~1.84 0.27~0.38 0.17

結果は、1位:我が家の投信、2位:株式インデックス、3位:バランス型インデックスで、信託報酬が高い順に並びました。

つまり、低コストのバランス型より中コストの株式インデックス、株式インデックスより高コストの我が家の投信の方がコスパがいいという結果になりました。

去年(2017年)の5月の時点で実績がこうなっていたので我が家の投信はインデックスからアクティブファンドに乗換えたのです。

関連記事我が家の投資信託はインデックスから国内株式のアクティブファンドに乗換えました

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】