11年間、セゾン投信の資産形成の達人ファンドを積立投資するとどうなる? 外国株式インデックスと比較してみた

【スポンサーリンク】

セゾン投信の『セゾン資産形成の達人ファンド』と、『三井住友・DC外国株式インデックスファンドS』を11年間積立投資するとどうなるのか、モーニングスターのポートフォリオ登録を使って検証してみます。

関連記事これを使えば投資信託がわかる!モーニングスター・ポートフォリオの登録方法(PC)

【スポンサーリンク】

セゾン資産形成の達人ファンドとインデックスを比較

基準価額の推移(チャート)を比較

先にyahooファイナンスを使って過去10年間の基準価額の推移を比較します。

ブルーのライン:セゾン

赤のライン:三井住友

関連記事複数の投資信託のチャートを、yahooファイナンスを使って比較検証する方法

コストを比較

信託報酬は圧倒的に三井住友・DC外国株式インデックスファンドSの方が安いです。

    信託報酬
セゾン資産形成の達人ファンド 世界株式100% 1.35%
三井住友・DC外国株式インデックスファンドS 世界株式100% 0.17%

※三井住友・DC外国株式インデックスファンドSは確定拠出年金専用ファンドです。

ポートフォリオに登録

積立の開始日はセゾン資産形成の達人ファンドがスタートした2007年3月15日にします。

積立投資開始日:2007年3月15日

積立日:毎月15日

積立額:毎月30,000円

分配金:再投資

手数料:ゼロ円

結果

2018年6月29日現在の損益は次のようになります。

  投資額 含み益
セゾン 408万円 +4,903,387円 +120.18%
三井住友 408万円 +3,857,369円 +94.54%

結果は、セゾン資産形成の達人ファンドの圧勝!!

ということで、僕は個人的には信託報酬が安くてもリターンに差が出るので、外国株式インデックスよりセゾン資産形成の達人ファンドをおすすめします。

⇒ セゾン資産形成の達人ファンド

関連記事投資信託は信託報酬で決めていいのか? セゾン資産形成の達人ファンドとインデックスを比較

関連記事セゾン資産形成の達人ファンドの評判を検証/外国株式のインデックスと損益を比較してみた

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】