ジェリバイブは評判通りか? マネックス・日本成長株ファンド(ザ・ファンド@マネックス)と比較

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

ネット上ではジェイリバイブの評判は良い方だと思います。

しかし、我が家の投資信託は今年の1月(僕の口座)と2月(嫁の口座)に、そのジェイリバイブから『マネックス・日本成長株ファンド(愛称:ザ・ファンド@マネックス)』に乗換えました。

乗換えた理由は、単純にジェイリバイブの様子がおかしくなったからです。

関連記事【保有ファンドを公開】我が家の投資信託はハイリスクでもハイリターンが狙えるファンドが好き

関連記事ジェイリバイブの解約乗換えは失敗ではなかった/純資産残高の急激な増加とパフォーマンス

【スポンサーリンク】

ジェリバイブとマネックス・日本成長株ファンドを比較

ジェイリバイブ

マネックス・日本成長株ファンド

期間1年で比較すると

■ベージュ:マネックス・日本成長株ファンド

■赤:ジェイリバイブ

1年前に100万円投資していたとすると、マネックス・日本成長株ファンドの評価額は143万円に増加。ジェイリバイブは113万円に増加

というか、僕が気になったのはジェイリバイブの右肩下がりのチャートで、完全に様子がおかしいですよね。

運用方針を変更したのか、それともたまたまか、どちらにしてもちょっと変です。

期間3年で比較すると

■ベージュ:マネックス・日本成長株ファンド

■赤:ジェイリバイブ

3年前に100万円投資していたら、マネックス・日本成長株ファンドの評価額は208万円に増加。ジェイリバイブは169万円に増加

期間3年で比較しても、右肩上がりのマネックス・日本成長株ファンドと、右肩下がりのジェイリバイブとの差がよくわかります。

というか、僕が乗換える時はまだ極端な右肩下がりのチャートではなかったので、早目に乗換えて良かったと思っています。

長期で考えると「こんな程度のことは、よくある話」なのかもしれませんが、僕は長期では考えていないので、ちょっとした変化にもスグに反応してしまいます。

年初来で比較すると

上のチャートはマネックス証券のチャートなので、先の2つの画像とはラインの色が違います。

■オレンジ:マネックス・日本成長株ファンド

■ブルー:ジェイリバイブ

年初来で比較すると、マネックス・日本成長株ファンドはプラス9.50%で、ジェイリバイブはイナス11.15%です。


ちなみに、『マネックス・日本成長株ファンドは』はマネックス証券で購入できます。

⇒ マネックス証券で投資信託

個人的な雑感

ひふみ投信もJPMザ・ジャパンもジェイリバイブも、国内中小型株に投資するファンドは純資産残高が急激に増加するとパフォーマンスが落ちますね、僕の勝手な思い込みかもしれませんが。

どちらにしても、気になるファンドの評判やパフォーマンスを調べる時は最新の情報にした方がいいですね。

ちなみに、現在保有しているジェイクールとDIAM新興市場日本株ファンドは販売をストップしているのと、マネックス・日本成長株ファンドはマネックス証券のみの取り扱いなので資産残高の急激な増加は無いと思って保有しています。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】