銀行で投資信託を購入した人の半数近くが損を出してるってホント?

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

朝日新聞デジタルから、『銀行の投資信託、46%の個人が「損」 金融庁問題提起』だそうです。が、記事を読んでみると内容に少し「あれれ?」と思いました。

国内29の銀行で投資信託を買った個人客の半分近くが、運用損失を出していることが金融庁の調べでわかった。

運用成績は銀行ごとに大きな差異がみられたといい、各行の販売・運用姿勢や商品の品ぞろえが、顧客の資産形成に影響を及ぼした可能性がある。

引用元:朝日新聞デジタル

【スポンサーリンク】

銀行で投資信託を購入した人の半数近くが損

金融庁が主要行9行と地方銀行20行の窓口で投信を買った客全員の今年3月末と購入時の投信の評価額を比べた。顧客が払う手数料も引き、実質的な「手取り」を試算すると、46%の人の運用損益がマイナスで、損をしていたという。

引用元:朝日新聞デジタル

損の人が多過ぎる

「今年の3月末と購入時の評価額を比較したら46%の人がマイナスだった」ということは、銀行で投資信託を購入した人の半数近くが含み損を抱えているということになります。

僕はこの記事の内容に少々違和感を感じています。

時期的に、リーマン大暴落から右肩上がりに近い状態でここまで来ているので、半数近くの人が損しているというのはちょっとイメージしにくいです。

もちろん、購入時期と保有ファンドによっては含み損の人もいると思いますが、けどこの時期に半数近くの人が損というのは、これはどう考えても損を出している人が多過ぎます。

損の原因は毎月分配型の分配金?

銀行は毎月分配型を売るのが得意です。

ですので、受取った分配金を損益に入れずに、単純に”3月末の評価額と投資額を比較したら損になっていた”と答えている人が46%の中に結構いるのではないかと思うのです。

あるいは、ベア型か新興国(単一国)債券等を保有しているか。

でも半数近くの人がこんなハイリスクな商品を保有しているとは考えにくいで、やっぱり不思議です。

ちなみに、毎月分配型ファンドの損益額は、評価額と受取った分配金を足さないと出ません。

関連記事投資信託で2000万円の大損!?/分配型投資信託の損益は受け取った分配金を入れないとわからない

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】