うちの住宅ローンは連帯保証人と保証会社の保証が必要でした

【スポンサーリンク】

住宅ローンの連帯保証人について、気になる記事を見つけました。『住宅ローンに保証人は必要?保証会社はどんな役割?』という記事タイトルです。

では、連帯保証人は必要か?ですが、連帯保証人が必要となるのは、夫婦でのペアローンの時です。一人の名義で住宅ローンを組む時は連帯保証人も基本的には必要ありません。

一人の名義で住宅ローンを組む際は、ほとんどの場合連帯保証人ではなく、保証会社の保証を受けなければなりません。

【スポンサーリンク】

住宅ローンの連帯保証人と保証会社の保証

連帯保証人が必要なのは夫婦でペアローンを組む時で、名義が1人の場合は連帯保証人は必要ないけど、保証会社の保証を受けなければならないと書いてあります。

・連帯保証人が必要 ⇒ 夫婦でのペアローン

・名義が1人 ⇒ 保証会社の保証

我が家の住宅ローン

しかし、今から21年前の1997年に、三井住友銀行(当時は住友銀行)で借りた僕名義の住宅ローンは、連帯保証人も保証会社の保証もどちらも必要でした。

時期的に、サラリーマンを辞めて会社を作った翌年の、まだ信用が全然無い時に住宅ローンを借りたので、だから両方必要だったのかもしれません。

そんなわけで、我が家の場合は連帯保証人は嫁になってもらったのと、保証会社の保証は保証料を支払って保証してもらいました。

関連記事住宅ローンの保証料とは別に連帯保証人を求められた理由

関連記事住宅ローンの連帯保証人はどうする? 頭金を出すのは夫か妻か?


※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】