【投資信託】そりゃ一括投資より積立投資(ドルコスト平均法)の方が気が楽でしょう

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

投資信託は、一括投資か積立投資(ドルコスト平均法)か。

今年みたいに右肩下がりな状況が続くと、一括投資より積立投資の方が、隣の芝生じゃないけど気楽そうに見えて羨ましいです。

【スポンサーリンク】

積立投資の方が気が楽

ほぼ一括投資の我が家の投資信託の評価額は昨日も減少しました。保有ファンドが値下がりしているので評価額が減少するのは当たり前なのですが、正直、投資額が大きいので精神的にしんどいですw

総投資額を減らすか、投資先を分散すれば多少は気が楽になると思いますが、その代わり、お金が殖えないのでハイリスク運用は仕方ありません。当然失敗しても自己責任です。

ところで、うちの息子は去年から『DIAM新興市場日本株ファンド』をマネックス証券で積立投資しているのですが、完全にほったらかしで息子も僕も全然チェックしていません。

総積立投資額が、あるいは評価額がそこそこの金額になったら、多少はソワソワドキドキすると思いますが、今はまだ全然気になりません。

そういう意味では、一括投資より積立投資の方が最初の数年間は気が楽だと思います。運用成績はその時にならないとどうなるかはわかりませんが。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】