25歳で大きな借金して自分の家を買うメリットってある?【賃貸か持ち家か】

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

10年経過したマンションの値上がり益の平均は600万円で、購入価格の平均は6,000万円だそうです。個人的にはホンマかいな!?って感じです。

東洋経済オンラインから『25歳になったら賃貸に住むのをやめるべきだ』という記事タイトル。

【スポンサーリンク】

20代で大きな借金をして家を買う

10年経過したマンションの値上がり益は、平均で600万円。持ち家の平均購入価格6000万円の10%ほどだ。

これに対して、同じマンションに賃貸で住んでいたら、家賃は「物件価格6000万円の4%=年間240万円」を10年払い続けることになるので、支払い総額は2400万円にもなる。

「同じマンションに賃貸で住んでいたら、毎月20万円(年間240万円)払い続けることになるので持ち家の方が得だ」という説明ですが、もし僕だったら、そんな高い家賃のマンションには初めから住まないので持ち家の方が得だとは思いません。

たとえそのマンションに住んだとしても、家賃の支払いが苦しくなったら別の低家賃の賃貸を探せるので、買った方が得だという発想は出て来ないです。賃貸は引越せるのが最大のメリットですからね。

というか、その前に結婚して家族が増えるかもしれないのに、20代の若い時期に大きな借金背負い込んで家を買う必要があるのかって話ですよね。

しかも、買主と同じように買った家も年を取るのですよ。経年劣化しますよ。25歳で家を買うメリットってありますか?

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】