老後資金が不安なので、総投資額を1,000万円から1,500万円に増やした

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

老後資金に不安を感じたので、投資信託の総投資額を1,000万円から500万円増やして1,500万円にしました。増やした500万円の投入時期は、今年の8月後半から9月の前半です。

ですが、運悪くその直後に急落したのでルール通りに一部解約して退避。本日、その解約資金を再投資して総投資額を1,500万円に戻したという話です。

【スポンサーリンク】

ハイリスク運用の理由は老後資金

投資額の内訳は、僕名義の口座が600万円で、嫁名義の口座は900万円の計1500万円です。

保有ファンドは国内株式のアクティブファンドのみ。国内外の債券ファンドや外国株式ファンドは保有していないので結構なハイリスク運用だと思います。

年齢的に積立投資やバランス型ファンドでは老後資金作りには間に合わないので、ハイリスク運用は仕方ないのですが、”ヤバいと判断したら逃げる”というルールを作っているので多分大丈夫です。

実際、この前の急落時にルール通りに機械的に退避的解約ができたので、我が家の投資信託のリスク対策はこれで十分かなと考えております。が、危険ですのでおすすめはしません。

ちなみに、この1500万円は我が家にとってはめちゃくちゃ大金ですのでリスクには晒したくないのですが、老後資金が不安なので仕方ありません。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】