【ソニー銀行 vs 楽天カード】1,000万円の定期預金利息と、「支払ったつもり貯金」を比較してみた

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

今日現在(2018年12月4日)のソニー銀行の定期預金(期間6ヵ月、1年、2年)金利は0.15%で、1,000万円を1年間預けても受け取れる利息は12,000円(税引き後)です。

月平均すると1,000円になりますが、この利息を楽天カードの支払いを一部楽天ポイントで支払って浮いた『支払ったつもり貯金』と比較してみます。

▼支払ったつもり貯金とは?

【楽天カードで節約】浮いた3,387円を「支払ったつもり貯金」した。三井住友銀行内で資金移動するので簡単!

【スポンサーリンク】

定期預金利息と支払ったつもり貯金を比較

我が家の場合、今のところ3カ月で3,387円支払ったつもり貯金できているので、平均するとソニー銀行の1年定期に1,000万円預けているのとほぼ同じということになります。

単純にソニー銀行の定期預金の利息と、楽天ポイント利用で浮いた金額を比較するとそうなります。

三井住友銀行の定期預金金利は全期間0.010%(2018年12月4日現在)なので、ソニー銀行の0.15%の方がマシですが、実際に受取れる利息を計算すると大したことありません。

その前に、預金するお金が無ければ利息は受け取れません。

ですので、楽天ポイントを楽天カードの一部支払いに充てて『支払ったつもり貯金』するというのは、せこいけどナイスアイディアだと自分では思っています。

⇒ 年会費永年無料の楽天カード

関連記事今さら聞けない「定期預金の金利計算」のしかた/銀行の特別金利に目を奪われてはいけない

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】