【含み損は怖い!】投資信託の評価額が1か月で20%減少したらどうしますか?

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

ロボアドバイザー等で無料診断を受けると、「運用資産が1か月で20%減少したらどうしますか?」とか,「1か月で20%値下がりしたらどうしますか?」的な質問が必ず出てきます。

もしそうなったらどうしますか?

僕の場合は、運用資産が20%減少するまでに既に半分以上解約して退場していると思います。

【スポンサーリンク】

含み損は怖い!

我が家の投資信託は先週は調子良かったのに今週は全然ダメで今日も最悪。評価額が大きく減少しそうな感じです。

今後の値動きによっては、大きな含み損を抱える前に段階的な逃げに入るかもしれません。

実はつい最近、一部解約して退場し、その資金を再投資したばかり。けど決めたルールは機械的に実行しないと、ズルズル行ってしまって「気が付いたらこんなに含み損が…」ということになってしまうので、面倒ですけどヤバいと判断したら実行するしかありません。

関連記事株価急落で保有投資信託をリスク回避するために解約!損失額は486,078円

関連記事老後資金が不安なので、総投資額を1,000万円から1,500万円に増やした

2008年のリーマン大暴落で、1700万円注ぎ込んでいた我が家の投資信託の運用資産は50%以上減少し、僕は半ノイローゼ状態に陥りました。

なぜ50%以上減少するまで放置していたのかというと、解約直後に急反発したら勿体ないとか、いろいろ考えてしまって気が付いたらこんなに含み損が…ということになっていたのです。

含み損は怖いです。だからヤバいと判断したら逃げるのです。

関連記事投資信託は怖いですよ! リーマンショックの大暴落で1700万円が半分に減った時の話

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】