これが「自分で守りながら増やす」運用方法/現在のポートフォリオは50%が現金

【スポンサーリンク】

先日(12月11日)、保有ファンド評価額の3分の1を解約して一時退避したのですが、実はその後も一部解約したので、我が家の投資信託の現在のポートフォリオは約半分が現金です。

関連記事含み損が怖いので、保有ファンド評価額の3分の1を解約した!

【スポンサーリンク】

自分で守りながら増やす

この解約資金は再投資する予定のお金なので、銀行の預金口座には移動せずにマネックス証券の証券口座内で待機させています。

解約したお金は運用から外れているので増えはしないけど減りもしません。これが、僕が考えた我が家の投資信託の「守りながら増やす運用方法」です。

解約直後急反発した場合は儲け損なうことになりますが、逆にズルズル値下がりが続いて「気が付いたらこんなに含み損が…」状態になるよりはずっとマシです。

純資産残高が大きくなったファンドは、多分、守りながら増やせないと思うので、自分の運用資産は自分で守った方がいいです。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】