「今日の急落もヤバい」、保有ファンドを一部解約して投資額を5分の1に減らした

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

今日(2018年12月25日)の値下がりもヤバいと判断したので、僕が決めたルール通りに本日付の約定で一部解約して、先週末500万円だった総投資額を300万円に減らしました。

元々総投資額は1500万円だったので、今日の一部解約で5分の1に減らしたことになります。

関連記事「投資信託が暴落!」、保有ファンドが同じカテゴリだけだと逃げやすい!

【スポンサーリンク】

投資信託は資産運用の道具

結果論ですが、最近まで保有していた、あるいは現在も保有している国内中小型株ファンドは、日経平均やトピックスに連動するインデックスより下げ幅が大きいので、前もって「ヤバいと判断した時の一時退避策」を作っておいてのは正解でした。

ちなみに、僕は投資信託は資産運用の道具だと思っているので、保有ファンドを信じるとかファンドマネージャーに託すとか、そんな気持ちは全然ありません。

要は結果なので、ダメだと判断したら機械的に容赦なくバッサリ切って、他のファンドに乗換えるか現金にして一時退避します。

これがアクティブファンドに一括投資している我が家の投資信託の運用方法です。

関連記事【投資信託は資産運用の道具】目先のリターンにしか興味がない投資家は質が悪いのか?

関連記事1500万円が300万円に減少!?クソまじめな長期投資とか長期保有は命取り!

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】