「暴落は恐怖!」、大きな含み損はストレスだから、こんな時は逃げるが勝ち!

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

今日もビビッてしまうほど下げましたね。

やっぱり暴落は怖いし大きな含み損はストレスになるので、我が家の投資信託は総投資額を1500万円から一部解約を繰り返して300万円にまで減らしました。

こんな時は「逃げるが勝ち」です。

関連記事「今日の急落もヤバい」、保有ファンドを一部解約して投資額を5分の1に減らした

【スポンサーリンク】

怖いと思ったら逃げる

解約したお金は再投資用資金としてマネックス証券の証券口座で待機中なので、現在の我が家の投資信託のポートフォリオは、株式と債券が半々のバランス型ファンドより低リスクです。

ですので、今後さらに暴落しても、あるいは急反発しても、どちらに傾いても対応できる状態になっています。

何度も言いますが、僕と嫁の口座は一括投資しているので暴落恐怖ですし、大きな含み損はストレスにしかならないので、我が家の投資信託は教科書通りの運用はしません。

たとえ保有期間が短期であってもダメだと思ったら別のファンドに乗換えるし、ヤバいと判断したら解約して一時退避します。

怖いと思ったら逃げないと!!ただし、積極的にはおすすめはしません。

ちなみに、去年からハイリスクファンドの積立投資を始めた息子の口座は、安値で積立できるので急落しても完全放置です。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】