「89万円の損失を確定!」、 保有ファンドを解約しなかった場合の含み損と比較

【スポンサーリンク】

ほぼ1カ月間で投資額の1500万円を一部解約を繰り返して300万円に減らした結果、892,159円の損失を確定しました。

関連記事「今日の急落もヤバい」、保有ファンドを一部解約して投資額を5分の1に減らした

【スポンサーリンク】

一部解約は正解だったのか?

それと、現在運用中の300万円も35万円の含み損を抱えているので、この含み損と確定した約89万円の損失を足すと、今日現在の損失は124万円になります。

パーセンテージに直すと、総投資額は1500万円のままなので8.3%」になりますが、もし、一部解約せずに1カ月前の総投資額が1500万円のままで放置していたら…? 

関連記事老後資金が不安なので、総投資額を1,000万円から1,500万円に増やした

登録していたモーニングスターのポートフォリオを見ると、今日現在の損益は2,430,705円(-16.2%)の含み損になっているので、今の段階では一時退避作戦は間違いではなかったということになります。

ただし、これから先、どうなるかはわかりません。

パーセンテージで見ると「-16.2%」なので大したことないですが、でもやっぱり243万円の含み損は重たいですよね。

投資額を減らせば損失額も減るけど、その代わり資産が増えないので投資額は減らせない。けど大きな含み損を抱えるのは絶対イヤ!!

だから、「ヤバいと判断した時の一部解約ルール」は我が家の投資信託には絶対必要なルールなのです。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】