【老後資金】”毎月3万円、年利5%複利で30年間積立てると2446万円になる”の嘘!

【スポンサーリンク】

『老後2000万円』問題に便乗して、例えば、毎月3万円を年利5%の複利で30年間積立てると2446万円になる」といった内容の記事をよく見ます。

上の、きれいにカーブしたチャート画像がそれです。

【スポンサーリンク】

投信業界の紛らわしい説明に騙されてはいけない

30年間の積立総額は1080万円なので投資元本の2倍以上に増える計算になります。が、実際はこうなるかどうかはその時にならないとわかりません。

なので、結論を言うと、『年利○%で複利運用すると・・・』的な説明は何の役にも立ちません。ただの妄想、机上の空論、捕らぬ狸の皮算用なのです。

その証拠に、逆に「年利○%で○○年間複利運用したら資産がこんなに増えた」といった内容の、運用実績を公開している記事は全く見ません

ちなみに、僕の投信歴は2007年からなので今年で12年になりますが、『年利○%で複利運用した結果』の実績記事は今まで一度も見たことがないです。

そりゃそうです。だって相場は上がったり下がったするので、自分の意志で運用する『年率』は決められません。

投資信託の損得は、購入価格より基準価額が上だと含み益で、購入価格より下だと含み損です。

考え方としてはものすごく単純で分かりやすいと思うのですが、この業界の説明は紛らわしいので誤解・勘違いが多いです。あと分配金とか、複利効果とか。

ですので、疑問に思ったことは自分で勉強したり比較検証ツールを使って調べることをお勧めします。

参考記事「投信比較ツール」一覧

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】