896万円を預金金利が0.20%の定期預金に預けたのと同じ効果!楽天カード支払いに楽天ポイント利用

【スポンサーリンク】

前回エントリーの”楽天ポイントで14,342円の節約”の続きです。

例えば、もし銀行の1年もの定期預金で14,342円の利息を受け取るにはいくら預金しないといけないのか、考えてみます。

【スポンサーリンク】

896万円の定期預金と同じ効果

現在の一部のネット銀行の1年もの定期預金の預金金利が0.20%になっているので(2019年9月現在)、この金利0.20%で計算してみます。

その前に、14,342円の利息は税引き後の数字になるので、先に税引き前の金額を出します。(税率は20%で計算します)

14,342円 ÷ 0.8

 =17,927円

税引き前だと17,927円にならないと14,342円の利息は受け取れません。

預金金利が0.20%の定期預金に1年間預けて税引き前の利息を17,927円にするには

17,927円 ÷ 0.20%金利

=8,963,500円

結論:

預金金利が0.20%の定期預金で14,342円(税引き後)の利息を受け取るには、8,963,500円預けないといけないということになります。

言い換えると、我が家の場合、楽天カードの支払いに楽天ポイントを利用しただけで、預金金利が0.20%の定期預金に約896万円1年間預けたのと同じ効果があったということになります。

⇒ 年会費永年無料の楽天カード

ちなみに、下の画像は”支払ったつもり貯金”の残高です。当たり前ですが、残高はぴったし14,342円になります。

関連記事支払ったつもり貯金が5,325円。銀行の定期預金ではこんなに利息は付かない【楽天カード】

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】